留学お役立ち情報

フィリピン・セブの休日2019|セブ留学をおすすめしない時期

 

フィリピン・セブで留学をする前に滞在期間に祝日が含まれているかどうかは非常に重要な要素です。

留学期間中の休日について「ホーム・ページに掲載しているんだから見ていない方が悪い」と事前に知らせることをしない学校やエージェントもありますので要注意です。

この記事では、2019年のフィリピン・セブの祝日スケジュールとセブ留学をおすすめしない時期についてご紹介します。

2019年フィリピン・セブの祝日

フィリピンには各地方により祝日が微妙に違いますが、下記はセブの休日のみを掲載しています。

学校によっては祝日をずらしたりしていることもあるので、各学校の祝日スケジュールについては別途お知らせいたします。

1月01日(火)元旦 New year’s day
2月5日(火)旧正月 Chinese Lunar New Year(休みになる学校は少数)
2月24日(日)セブ市憲章記念日 Cebu City Charter Day
2月25日(月)エドサ革命記念日 People Power Anniversary
4月09日(火)勇者の日 Day of Valor
4月18日(木)聖木曜日 Maundy Thursday
4月19日(金)聖金曜日 Good Friday
4月20日(土)聖土曜日 Black Saturday
4月21日(日)イースター Easter Sunday
5月01日(水)勤労感謝の日 / Labor Day
6月05日(水)ラマダン明け祝日 Eidul-Fitar※正確には未定
6月12日(水)独立記念日 Independence Day
8月06日(火)セブ州創立記念日 Cebu Provincial Foundation Day
8月12日(月)犠牲祭 Eid ul-Adha※正確には未定
8月21日(水)ニノイ・アキノ記念日 Ninoy Aquino Day
8月26日(月)英雄の日 National Heroes Day
9月09日(月)オスメニャ記念日 Osmena Day
11月01日(金)万聖節 All Saint’s Day
11月02日(土)死者の日 All Souls’ Day
11月30日(土)ボニファシオ誕生記念日 Bonifacio Day
12月08日(日)無原罪の聖マリア祝日 feast of the immaculate conception
12月24日(火)クリスマスイブ Christmas Eve
12月25日(水)クリスマス Christmas Day Holiday
12月30日(月)リザール記念日 Rizal Day
12月31日(火)大晦日 New Year’s Eve

赤字は土曜日、日曜日で元から休みです。

青字で記載しているEid al-Fitrと、Eid ul-Adhaは正確には未定です。

毎年、正確な日にちが決定されると、大統領の布告により祝日に指定されますので、遅い時は2週間ほど前に布告されることもあります。

学校によっては布告関係なく休みを決めている学校もあります。

セブ留学をオススメしない時期

フィリピン留学では、ほとんどの学校が滞在期間中に祝日があっても、特別措置があったり、留学費用が安くなったりすることはありません

できるだけ祝日が無い時期に留学することを強くおすすめします。

1週間や2週間の留学の場合は、元から留学費用が高めに設定されているので、1日でも休日が含まれているとかなり損をしてしまいます。

4月18日~4月21日のホーリーウィーク

1週間で平日5日間の内2日が休日になってしまいます。

しかも、ホーリーウィークの4月19日(金)聖金曜日(Good Friday)には、ほとんどのお店が営業しませんので出掛けても面白くないですし、旅行にも行けません。

8月18日の週からの2週間留学

8月18日の週からの留学も避けた方が良いです。

8月21日・8月26日の2日間が休日として含まれていますので、短期留学にはおいては大きな時間の損失となります。

クリスマス・イブから年末年始

年末は休暇で時間ができるので留学のチャンスなのですが、基本はおすすめしません。

2019年の年末年始休暇は、一般的な会社であれば12月28日(土)~1月5日(日)、有給などを含めて12月23日(日)~~1月5日(日)になると思います。

しかし、12月28日からでも平日が2日削られますし、12月23日からだと平日に4日も休校日があります。

稀に「年末年始に留学する人には平日休日分の授業料を頂きません!」という学校もあります。

それでも授業時間が大きく削られてしまいますので、年末年始に勉強半分、旅行半分という方以外にはおすすめできません。

様子見留学なのであれば、留学ではなく学校見学ツアーなどに当てるなら良いでしょうね。

セブ英語倶楽部は祝祭日も可能な限り授業を受けられる

いつも必ずという訳ではありませんが、セブ英語倶楽部では留学期間中に祝祭日が含まれている場合は「対応可能な限り総授業数を確保」してくれます。

休みは休みなので補講無し、返金なしがフィリピン留学のスタンダードですので、こういった対応は非常に嬉しいですね。

詳しくはこちらからどうぞ。
【ホテル滞在】セブ島留学のセブ英語倶楽部はコーチングも受けられる

学校選びよりも大事なことは学校の使い方です。いつでもご相談下さい。
コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。