フィリピン留学の使い方

フィリピン留学で発音矯正の授業を受けるなら必ず録音しましょう

フィリピン留学で発音矯正の授業を受けるなら必ず録音しましょう
Macky

留学中に発音矯正の授業を受けるのであれば絶対に授業は録音した方が良いですよ。

発音の授業で自分の声や先生の声を録音することは、とても大事なことなんですが「やった方が良いですよ」とおすすめしても、何故かほとんどやっている人はいません。

自分の声を客観的に聞くというのは、発音矯正にはとても重要ですので、なぜそれが効果的なのかをチェックしてみましょう。

フィリピン留学で発音矯正の授業を受けるなら必ず録音しましょう

フィリピン留学だけではなく、自分で発音の練習をする場合も自分の声を録音して聴き比べながら練習するのは本当に効果的です。

例えば、発音の授業を受けてみればすぐに分かりますが、発音すると先生が「良い」「悪い」を指摘してくれます。

例えば、しっかりと発音矯正を行っている学校であれば「口の動かし方」「舌の位置」「喉の使い方」「息づかい」なども教えてくれます。

しかし、そうやって丁寧に教えてもらったとしても「良い」「まぁまぁ」「悪い」などの違いが自分では良く分かりません。

特に子音の違いなどは、自分で発声しているだけではまず違いが分かりませんね。

そういった時に、自分の声を録音して先生が言っている「良い」「悪い」を聴き比べてみれば何がどう違うのかしっかりと分かるようになります。

スポーツなどでも当たり前に行われますが、ゴルフのスウィング、野球のスウィング、投球のフォームなど徹底的にビデオ検証して正確な動作を身に着けて行くのと同じですね。

よく自分の声を聞くのが嫌だと言う人もいますが、人に聞かせる訳では無いですし、自分が嫌でも周りの人は同じ声を聞いているのでそれとこれとは話が別ですよね。

スピーキング系の授業も全て録音する

授業を録音した方が良いのは発音矯正だけではなく、スピーキング系の授業も全て録音すると良いですね。

カランメソッドなどメソッド系の授業は録音しなくても良いですが、ディスカッションやテーマを決めて話すような授業も録音するべきです。

録音した方が良い理由は2つあります。

授業を録音すれば復習に役立つ

ディスカッションや適当にテーマを決めたフリートーク系の授業では、きっちりとした学習メソッドが無い授業の場合、何を話していたか振り返ることが無く、その場は楽しいだけの時間の無駄になってしまいます。

しかし、授業中に自分が何を話していたか録音しておけば自分で何を話しているのか後からチェックして、本当に言いたかったことを作り直す練習ができますね。

そうやって作り直した内容で、2回か3回同じテーマで授業をすれば、間違いなく英語力がアップしますね。

しかも、発音の授業以外では発音が直されることはあまりないので、適当になってしまっていることにも気づけます。

授業を録音すればどれだか時間を無駄にしているのか分かる

授業を録音することで、授業時間をいかに無駄にしているのかが分かります。

特にディスカッションやフリートークの授業を録音して後から聞いて、1コマ50分の授業中に本当に自分が話している時間がどれ位あるのか確認してみると良いですね。

ホトンドの場合で8割から9割が先生で自分が残りというケースが大半です。

もちろん、おしゃべりができるレベルの生徒さんであれば、結構話していることもあります。

しかし、録音をよくよく聞いてみると、めちゃくちゃな文法や身振り手振りと話の勢いで先生に理解させているだけというケースも多いですね。

まとめ

自分の声を録音して客観的に聞くことは、発音のレベルアップに必要不可欠です。

「自分の声を録音して聞いてみたら普段自分が聞いているのとは違う変な声だった」などという経験は多くの人がしていると思います。

自分がどんな音を出しているのか分からずにどれだけ発音練習をしても効果は低いですので、授業でも自習でも録音して聴き比べる習慣を付けることを強くおすすめします。

ちなみに、録音機器はスマホで十分ですのでわざわざレコーダーを購入する必要はありませんよ。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。