フィリピンの話

日本人が知らないフィリピンの有名人と有名な話【フィリピン留学】

 

フィリピンのことを知る

フィリピンに留学するのであれば、フィリピンのことを少しは事前に勉強しておくのも大事なことです。
これから毎日フィリピン人の先生達とマンツーマンで授業をする上で、話題作りは大切です。

特に歴史上で、日本はフィリピンに対していろいろなことを行っていますが、日本人はそのことについてホトンド知りませんしね。

ただ、だからと言って歴史から学び直しましょう!
という話ではありません。

フィリピン人にも日本人にネガティブな感情を持つ人はいますが、多くのフィリピン人は過去は過去として親日の人が多いですし、特に20代から30代の若い人達は気にもしていません。

ですので、今回のお話はフィリピンで有名な話しやフィリピンで有名な日本の話なのに日本人が知らない話題などについてご紹介してみますので、留学した時に上手く活用して下さいね。

「ボルテスⅤ」(ボルテスファイブ)

ボルテスⅤって知っていますか?

私も、初めてフィリピン留学して先生に聞くまで知りませんでしたが、日本で1977年から1978年に放映されていたアニメで、フィリピンでも放映されていました。

そして、このアニメのフィリピンでの認知度は100%とも言われているくらいに有名なんです。

ボルテスⅤの内容が政治にまで影響を与えて、1979年のフィリピンの放映時には当時のフェルディナンド・マルコス大統領が放送禁止したほどですからね。

このボルテスⅤの歌はフィリピン人の多くが知っているので、これをかっこよく歌うことができればフィリピン人のハートを鷲づかみです笑

2006年に当時の安倍首相がフィリピンに来た時もボルテスⅤの歌で迎えたくらいですよ。

山下大将

山下大将って知っていますか?
フィリピンでの戦争終了後に捕虜として捕まり、戦犯として死刑になった陸軍大尉のことです。

当時、フィリピン人にとっては大敵として言える人物ですが、いつまでも語り継がれています。

それは何故かと言えば「山下財宝伝説」(YAMASHITA TREASURE)です。

フィリピンで一般的に語り継がれている伝説では、「東南アジア(主にビルマ)の欧米諸国の植民地政府が貯蔵したまま放置した金塊を、これらの地を占領した日本軍が挑発し、シンガポールからフィリピンで中継し日本本土に海上輸送しようとしたが、連合国軍の潜水艦や航空機による日本と東南アジア間の海上輸送路への攻撃が激しくなったために、フィリピン内に隠しておいて日本の敗戦の直後に引き上げようとしたところ、関係者が戦犯として連合国軍により処刑されたため在処の情報が失われた」とされている。wikipediaより

冗談のような話ですが、世界各国のトレジャーハンターがフィリピンの至る所で発掘調査を始めたために、2007年からは許可制となり、発見された時の配分なども明確に規定されています。

セブでも、むやみに長い工事などが行われていると「あれは工事ではなくて山下財宝を探している」などと冗談めかして言われることがありますが、言っている人の顔は案外本気で信じている顔です笑

ただ、いつまでもトレジャーハンターが減らないのは、本当に日本軍が残した財宝を当てた人がいるのが現実だからだそうですよ。

マニー・パッキャオ

日本ではマイナーな存在ですが、フィリピンでは知名度100%の絶大な大スターが「マニー・パッキャオ」です。

マニー・パッキャオはボクシングで史上2人目の6階級制覇をしたボクサーで、ボクシングが盛んなアメリカ、メキシコなどでは神様的な扱いをされるほどの有名人ですね。

彼の人気が高い理由はただ6階級制覇しただけでなく、世界から強いと言われている相手を積極的に選んで、正面から打ち合いで倒して勝ってきたからでもあり、格闘技者としては最高の名誉である「パウンドフォーパウンド」の称号も与えられています。

今は政治家でもあり、バスケットボールチームの選手兼コーチでもあり、そのうち大統領になることは間違い無いと言われています。

また、マニー・パッキャオを語る時に外せないのが彼のお母さんで「Mammy D(マミー・ディー)」と呼ばれ、パッキャオが有名になるに連れていつの間にかセレブのスター扱いされているただの陽気なお母さんです笑

パッキャオの話は普通ですが「Mammy D」の話題を先生に持ち掛けると「なんで知ってるの?」となること間違い無しですよ。

サントニーニョ

サントニーニョ(サント:聖 ニーニョ:少年)はキリストの幼少期の像で、マゼランが世界一周の途中でセブに立ち寄った時に当時の王に授けたのが由来だそうです。

セブでは信仰の対象となっていて、セブのシンボルにもなっています。
セブの周囲の島が台風や地震で被害にあっても、サントニーニョがセブにいるためにセブには直接的な被害が無いと信じられています。

毎年1月の第三日曜日に「シヌログフェスティバル(Sinulog Festival)」と呼ばれるお祭りがあり、世界中から100万人、200万人の人が訪れると言われています。

実際には、世界中というよりもフィリピン中からという方が正しいですし、フィリピン中のスリが集まるとも言われていて、特にのんきにしている外国人に被害が多いですね。

ラプ=ラプ王

セブのマクタン島にラプラプ像がありますが、誰かと言えばセブをマゼランの侵略から守った英雄です。

マゼランと言えば世界一周で歴史的にも有名な人物ですが、訪れた先でキリスト教を布教し、改宗させていたことでも有名です。

セブにキリスト教を布教させたことでも知られているマゼランですが、セブの政治情勢にも口出しをし武力を持ってマクタン島の王であったラプ=ラプ王を従わせようとしたが、返り討ちにあったという話しですね。

ただ、キリスト教を布教させたということで讃えられていて、セブでは神聖に扱われています。

留学中に時間があれば、是非一度マクタン島にあるラプ=ラプ王とマゼランのお墓がある「マクタンシュライン」を訪れてみて下さい。

まとめ

ざっとご紹介しましたが、こういった話題を先生に持ち掛けるだけで、授業の楽しみ方は全然変わります。

日本に詳しい外国人に出会うと「この人日本のことが好きなんだな」と嬉しくなるのと同じで、フィリピンの人達も自分の国のことを良く知ってる人と話をすると嬉しいものです。

興味のない話もあるかも知れませんが、そこは話題の引き出しとして頭に入れておくと話が広がりますので、フィリピンだけでなく海外に出る際はその国の歴史や文化も軽く勉強していくことをおすすめします。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。