フィリピン留学の注意点

セブ留学で一番多いスリや盗難の犯罪被害に合うパターン

フィリピン・セブ留学で現地の治安はどうなのかと言えば、日本人留学生が被害にあうような凶悪な事件はほぼ無いに等しいにしても、スリ、窃盗、詐欺は多いです。

しかし、これらの被害も海外での常識を守っていれば遭う可能性は低いです。

そこで、フィリピンで一番多いと言われるスリや盗難のパターンについてご紹介しましょう。

フィリピンでは貴重品はポケットに入れていても大丈夫ではない

この写真のように後ろのポケットに差し込んでいるのは論外なのは言わなくても分かると思います。

しかし、後ろのポケットに入れていなくてもスリ被害に遭うのが、ショートパンツのポケットに入れている場合です。

ジーンズなど比較的タイトな服装であれば前ポケットに入れていれば大丈夫ですが、ショートパンツの場合はポケットが緩い場合が多いので、スッと抜き取られる事があります。

セブで良く聞くのは、繁華街などで遊んでいて女性に言い寄られたり抱きつかれたりして、気づいたら抜かれていたという男性特有のパターンです。

マニラの一部などでは子供に囲まれてアタフタしている間に抜き取られるというようなことは日常的にありますね。

また、ポケットが緩いズボンなどでタクシーに乗ると、座っている間にポケットから滑り落ちて財布やスマホを紛失する可能性も高いので十分に注意しましょう。

海外のカフェや空港などで荷物を置いて席を離れる

日本ではスマホや荷物を置いて席取りをしているような光景を非常に良く見かけますが、海外では絶対にやってはいけませんね。

例えばフィリピンでもスターバックスなどであれば貧困層のお客さんがいないので、ここなら大丈夫だと思って手荷物やパソコンを席に置いたまま離れたりする人が多いですが、これも絶対アウトです。

「他にお客さんが居ないから大丈夫だと思った。知らない間に無くなっていたと言われたけど、スタッフしか居なかったからスタッフが盗んだとしか考えられない。」

留学生ではないですが、こんな被害者の方に遭ったこともあります。

そして、この方は絶対にスタッフしかいないと片言英語で店に激怒しました。

すると・・・

店「知らないと言っている。これ以上言うなら警察を呼ぶ。」

被害者「呼べば良い!すぐに呼んで!」

と言い争いになり本当に警察が来たそうです。

そして、結論から言えばこうです。

警察「ビデオにも映っていないし何も証拠はない。店はあなたを訴えると言っている。謝れば許すと言っているから謝りなさい。」

この方は、不承不承ながら謝ったと言っていましたが、最後は懸命な判断です。

もし闘うことになっていたら、その先には泥沼しか待ち受けていませんからね。

日本以外の海外の多くでは、お客さんの権利よりも自分たちの権利の方が大事ですので、店がグルになって嘘をつかれてしまえば終わりです。

海外、特に発展途上国で何の後ろ盾も無い状態で現地の人とトラブルを起こしてしまうと、本当に理不尽で悲惨な目に遭いますので十分に気をつけて下さい。

「スタッフ=安全」ではないということを覚えておきましょう。

フィリピンのレストランで起きる盗難などの犯罪

これは百聞は一見にしかずですね。

フィリピンではありませんが、典型的なパターンですので見てみましょう。

この動画と同じ様に、足元に置いていたバッグが無くなってたということも普通です。

これらは海外では「ご自由にお取り下さい」状態と同じですね。

セブで多い犯罪リュックやポーチから抜き取られる

フィリピン留学で犯罪に合う3つのパターン

知らない間にリュックが開けられていて、中の財布などが盗まれていたというのも良く聞く話しですね。

同じく、肩から提げて持っていたカバンから抜かれるということも世界共通で同じです。

セブでもストリートチルドレンが多くて怖い、子供に盗まれそうになったなどという声がありますが、どこにでも居るわけではなく、居るべきところに居るだけです。

「わざわざそういう場所行かない」そんな最低限を守っていればまず大丈夫ですよ。

セブ留学でスリや盗難に遭わないためのまとめ

少なくてもこの記事を3分程でここまで読んでもらって、それを現地で忘れなければ被害に遭わない確立は大幅にアップです。

少なくても6年以上フィリピンにいる私や私が知るフィリピンで暮らす日本人の友人はそういった被害に遭ったことがありませんので、被害に遭うか遭わないかは知っているか知らないか、気を付けているかいないかだけの違いと言って良いでしょう。

せっかくのフィリピン留学で嫌な思い出を残さないように気を付けてくださいね。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。