フィリピン留学で海外旅行保険は必要?クレジットカード付帯で良い?

留学はクレジットカード付帯の海外旅行保険で良い?

 

フィリピンへの短期留学には海外旅行保険は必要?

 

クレジットカードの無料付帯の海外旅行保険はフィリピン留学で使える?

 

留学するならクレジットカードは1枚でも持っていた方が良い?

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険はどうやって使うの?

Macky
ここではこんな疑問にお答えします。

留学は海外旅行保険に加入するvsクレジットカード付帯保険でカバーする

 

基本的に、クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用するのは、フィリピンや発展途上国での旅や生活に慣れていて、英語を使ってなんでもトラブルに自力で対処できる方であればおすすめします。

 

しかし、そういった海外でのトラブル対処の経験がない方や海外旅行が初めてという方には、より安心度の高い海外旅行保険への加入をおすすめしています。

 

例えば、日本であればただの腹痛や風邪などの小さな病気でも、海外で患うと非常に心細くなります。

 

そして、病は気からというように、病気や体調不良になると不安になって更に長く続いてしまい、学習に集中できなくなることもありますね。

 

そんな場合には、気兼ねなくいつでも利用できる海外旅行保険はあると安心です。

 

クレジットカード付帯の保険の場合は、カード会社によっては診察前に自分でカード会社に連絡しないと使えない場合もありますので、利用を考えている場合は事前にカード会社に聞いておかなければいけません。

 

また、学校への訪問診察では利用できない場合があるなどのデメリットもあります。

 

さらに脅すことを言えば、海へ遊びに行った時などに怪我をしたり、週末旅行の旅行先で体調を崩してしまう方も少なくありません。

 

その場合に学校まで戻ってから病院に行けるのであれば良いです。

 

しかし、近くの病院に行かなければいけないとなった場合などには、クレジットカードの保険を利用する交渉から病院に書いて貰う必要な書類、クレジットカード会社への連絡など全て自分でしなければいけません。

 

もちろん、海外旅行保険に加入していれば、保険会社へ連絡することでどうにかなりますし、保険会社がなんとか対応してくれるので便利ですね。

 

そのようにクレジットカードの付帯保険は無料で利用できて非常に便利ですが、万が一イレギュラーが起きた時のハードルは高いということだけは覚えておきましょう。

 

大雑把に言えば、保険は転ばぬ先の杖ですのでどうしても不安なら加入する、自分は健康にも問題なく、慎重派なので現地で冒険する気もないから大丈夫と思うならクレジット・カードの付帯保険で良いと思います。

 

基本的に、セブ留学ではクレジットカードの付帯保険でも簡単にキャッシュレスで利用できるジャパニーズヘルプデスクが身近にあります。
ジャパニーズヘルプデスクの営業時間に病院に行けることに限定すれば付帯保険でもまったく問題無いということも事実です。

 

ちなみに、海外旅行保険はどこでも似たような補償内容です。

 

正直に言って、どこでも良いですが高ければサポートが手厚いですし、安ければサポートが悪いくらいの違いです。

 

フィリピン留学は欧米諸国の留学と違って、自分でアパートに住んだり、毎日の通学がありません。

 

学校を出て無駄に冒険しない限り非常にリスクは低いですので、治療・救援費用と携行品損害さえあれば大丈夫です。

 

留学や海外旅行であれば「AIU」か「ジェイアイ傷害火災」のどちらかで良いと思います。

●AIUのホームページ

●ジェイアイ傷害火災のホームページ

 

他であればこちらの価格.comの中から適当に選べば良いですね。

https://hoken.kakaku.com/insurance/travel/

 

留学するならクレジットカードは1枚でも持っていた方が良い?

 

まず結論から言えば、海外に出るのにクレジットカードは必須アイテムです。

 

1枚と言わずに、海外へ行くのであれば最低でも2枚、普通で3枚は持っておきましょう。

 

クレジットカードを1枚でも多く持つ方が良い理由は3つです。

 

海外ではクレジットカードが使えなくなる可能性が高い

 

フィリピンだけではなく、海外ではクレジットカードが使えなくなる可能性が高いです。

 

・クレジットカードがATMに飲み込まれて返ってこない

・クレジットカードを紛失する、または盗難に遭う

・クレジットカードが何故かATMで使えない

 

特にフィリピンで多いのは「何故か使えない」パターンですね。

 

例えば、クレジットカードのセキュリティの問題で、今まで日本でしか使っていなかった人が突然海外で利用することがおかしいと判断して、クレジットカード会社が自動的に使えないようにロックしてしまうこともあります。

 

または、事前にクレジットカードを海外で使えるように設定していないと使えないということもありますね。

 

こういった万が一に備えて、少なくてもクレジットカードは2枚以上持っておくべきです。

 

海外へ出るのであれば、クレジットカード2枚、デビットカードやプリペイドカードを1枚持っているのは最低限で、4枚~5枚持っていても何の不思議もありません。

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険を加算して使える

 

実際に使うカードは1枚だとしても、年会費が永年無料のカードで海外付帯保険付のカードを選べば、何枚持っていても損はありません。

 

何故かと言えば、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、そのクレジットカードで利用できる保障内容分の金額を加算して保険を利用することができますからね。

 

むやみな冒険をすることなく、普通に留学して勉強していればそうそう無いことですが、危険なことをしなくても病気は「今からなりますよ」と事前告知はしてくれません。

 

フィリピンは交通事情が非常に悪いですので、いつ交通事故に巻き込まれるかも分かりません。

 

万が一手術が必要な怪我や病気に掛かった場合に海外では予想を超える請求があることは当たり前です。

 

もし、フィリピンで外国人が盲腸の手術をすれば80万円くらいは必要ですし、万が一緊急手術だった場合は外国人ですのでさらに費用を上乗せされる可能性もあります。

 

もちろん、そうそう無いことなので全てに保険を掛けていては大変です。

 

しかし、クレジットカード付帯の保険1枚だけでは賄えない可能性もありますので、しっかりとした海外保険が付いた自動付帯のクレジットカードなど最低でも2枚は所持しておくことを強くおすすめします。

 

海外に出るのに便利で、年会費無料の自動付帯のクレジットカードでおすすめするのであれば、エポスカードとBooking.comカード、利用付帯であれば楽天カードですね。

 

この3枚を持っておけば、最大500万円まで治療費の負担を補償できるので安心です。

 

少なくても、エポスカードは自動付帯で海外保険の内容が優秀なので絶対に持っておきたいクレジットカードです。

 

エポスカードのホームページ

■エポスカードの主な補償内容
・傷害・疾病治療:最高200万円 (1事故・疾病の限度額)
・携行品損害:最高20万円 (1旅行中かつ1年間の限度額)
・緊急アシスタンスサービス:日本語24時間対応。

Booking.comカードのホームページ

■Booking.comカードの主な補償内容
・傷害・疾病治療:最高100万円 (1事故・疾病の限度額)
・携行品損害:最高20万円 (1旅行中かつ1年間の限度額)
・緊急アシスタンスサービス:日本語24時間対応。
利用付帯ですが、楽天カード補償内容が充実しているのであると便利です。

 

楽天カードのホームページ

■楽天カードの主な補償内容
・傷害・疾病治療:最高200万円
・携行品損害:最高20万円 (1事故当りの自己負担額3,000円)
・緊急アシスタンスサービス:日本語24時間対応。

クレジットカードがあれば現金を持ち歩かなくて良い

 

海外で困ってしまう1つの要因は「現金」です。

 

たくさん持っていれば管理に困りますし、盗まれた時のショックも大きいですね。

 

フィリピン留学でも、学校内の盗難、生徒同士の盗難、相部屋での盗難は少なからずありますので、できるだけ現金を所持していることは周囲の学生に悟られないようにする方が懸命です。

 

しかし、フィリピンは一般的に外国人留学生が出入りするようなお店であれば大体クレジットカードが利用できます。

 

もちろん、行かない方が良いと言われるような地域のお店でクレジットカードを使ってスキミング詐欺などに遭う可能性はありますが、一般のお店であればまず問題ありませんね。

 

クレジットカードがあれば、現金は必要な分だけキャッシングすれば良いですし、デビットカードがあれば自分の口座にある残高分しかお金を下ろせないので不必要に使うこともなくて安心です。

 

海外旅行保険とクレジットカードのまとめ

 

以上のような理由から、海外旅行保険は海外に慣れていない人や英語がさっぱりな人はできれば入っておいた方が安心です。

 

クレジットカード付帯の保険を利用するのであれば、クレジットカードは少なくても2枚、普通で3枚は持っておくことをおすすめします。

 

また、所持しているカードが海外で利用できるかどうかも必ずチェックしておきましょう。

 

クレジットカード会社に問い合わせる、または会員サイトからネットでチェックできるカードがほとんどです。

 

あとは、クレジットカードを持っているのであれば、海外旅行保険が利用付帯なのか自動付帯なのかも重要なポイントです。

 

せっかくのフィリピン留学ですので、心置きなく充実した生活を送るために事前準備はしっかりとしておきましょうね。

 

ネットにあるおすすめ校でも本当に自分に合うかどうかは分かりません。

inquiry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です