留学お役立ち情報

フィリピン留学の洗濯物事情・どんな服を持って行けば良い?

Aさん

フィリピン留学にはどんな服でどんな服装が良いんだろう?

フィリピンは常夏なので、Tシャツと軽く羽織るものがあれば服装なんて難しく考える必要はありません。

しかし、フィリピン留学に色が移りやすい白いTシャツや痛むと嫌な大事な服などは持ってこない方が良いです。

フィリピン留学の洗濯は基本的に無料が多い

フィリピン留学ではランドリーサービスが無料で付いている学校が多く、週2回から3回ほど洗濯に出せます。

基本的には、学校のランドリーサービスでも、実際には学校で洗濯しているのではなく、まとめて預かって近くの洗濯屋さんと提携していたりします。

中には学校にはランドリーサービスが無く、近隣の洗濯屋さんに自分で持っていくような場合もありますね。

そして、どの場合でも洗濯では結構トラブルが多いので注意が必要です。

フィリピンは洗濯サービスで服が無くなる

学校内でしっかりと管理して、洗濯屋にもリストを作っているような対応をしている場合は良いですが、洗濯サービスを利用して服が無くなるということは結構多いです。

特に、外部にある洗濯屋を利用するとかなり頻繁に無くなりますね。

例えば、靴下が片方無くなっていたり、自分のモノではない服や下着などが紛れ込んでいたりは平常運転と行っても良いでしょう。

そして、洗濯屋で服が無くなっていることにクレームを言ってもどうしようもありません。

何故なら本当にその服が入っていた証拠がないからです。

そういった泣き寝入りにならない方法は、洗濯物を出す前に自分で「Tシャツ」「靴下」「下着」など、それぞれが何枚入っているかをチェックして、洗濯屋さんに預ける時に再度スタッフと一緒に確認することです。

学校の場合は洗濯屋に出すとそういったことが多いことを分かっているので、学校で預かった時にスタッフが生徒さん一人づつの洗濯物リストを作っている場合もありますね。

それでも、入れ間違い、紛失は多いので必ず自分でリストを作ってから出すようにしましょう。

フィリピンの洗濯では白い服などはすぐに色が変わっていく

学校でも外部でもどこでも同じですが、フィリピンで白い服などを洗濯物に出していると酷い時は1回で色がくすんでしまいます。

日本で何回も洗っていて大丈夫だった白いTシャツでも「薄い泥水で洗ったのか?」と思う程にくすんでしまうのでかなりショックを受けますよ。

フィリピンでは洗濯に出すと他の人の洗濯物と混ぜて洗濯をするので、汚い服と混ざって色が移ってしまうこともあります。

また、コインランドリーを使って自分の服だけ洗っても不思議な事にくすんでしまうんです(笑)

そして、色はくすんでしまう上に、汚れは取れないという面白いことになってしまいますね。

ですので、白い服や色が移りそうな服は洗濯物に出さずに手洗いをするようにして下さいね。

フィリピンの洗濯に出すと1サイズ小さくなる

フィリピンの洗濯にTシャツなどを出すと、かなりの高確率で1サイズ小さくなって返ってきます。

何度も利用していると、LサイズでもSサイズになることがありますね。

特に、少し伸縮性のある生地や緩めの編みの服は一撃でミニサイズになってしまいますので注意が必要です。

フィリピンで購入したナイロンがたくさん含まれている着心地の悪い服であれば大丈夫なのですが、コットン100%の服などは本当に小さくなりますよ。

フィリピン留学にはどんな服を持っていけばいいの?

私が最初にフィリピン留学をした2008年頃であれば、可能な限りお金持ちに見えないようにシンプルな服で目立たないようにというのが鉄則でした。

今でも少し田舎であればそうした方が良いですね。

しかし、セブに関して言えば皆さんかなりオシャレになってきています。

セブの街中でも「どこのビーチリゾートから遊びに来たの?」というおしゃれな日本人観光客や留学生がたくさんいますね。

綺麗な服を来て街中を歩くのはやはり目立ち過ぎるのでお勧めしませんが、ショッピングモールに行く、おしゃれなレストランに行くなどする場合にタクシーに乗ってDoor to Doorで移動するのであれば問題ありませんね。

洗濯のレベルが低いという問題があるので、高価な服などは絶対に止めた方が良いですが、持っていく服は夏服であればどんな服でも大丈夫ですね。

ただ、持ってくると荷物になるので、フィリピンでおしゃれで安い服を数枚購入するのも良いと思いますよ。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。