セブで観光・旅行

フィリピン人が好きな「Hukad」フィリピン料理レストラン

先日、学校で働いていた時に一緒に働いていた先生達数名とセブでは有名なHukadというレストランに行ってきました。

夜に出店している屋台形式のお店を見れば分かりますが、一般のフィリピンの人達は本当に食で冒険をせずに、フィリピン料理ばっかり食べてますね。

こういった食事をする時はもちろん私が支払いをするのですが、いつも先生達には「食べたい物があれば何でも良いよ」と伝えるにも関わらず、私が決めない限りほとんどがフィリピン料理を選びますよ。

フィリピン人に人気のHukadレストラン

私は食べていても普通のフィリピン料理としか思わないですし、あくまで普通に美味しい域を越えないのですが、フィリピン人はHukadが好きです。

HukadはGolden ゴールデンカウリー(Golden Cowrie)と言う名前もあるのですが、同じお店です。

他のフィリピン料理レストランで言えば、私は「Kuya J」というレストランの方が好きなのですが、何故かHukadを選びます。

大きな理由の1つは「Unlimited rice」と言って「ライスが食べ放題」という理由だと言われているのですが、先生は女性ばかりで大体残しているため理由になっていませんね(笑)

Hukadは、ロビンソンズサイバーゲート、アヤラ、SMなど、どこにでもあります。

これもフィリピン料理レストランならどこにでもあるファミリーセットメニューです。

特筆するような美味しさはありませんし、単品で頼んでも対して変わりませんので、見た目だけのために頼むようなモノです(笑)

これは「Mongos」と言って「小豆」のスープです。

これは日本人には少ししょっぱいのですが、美味しいのは美味しいです。

フィリピンの人達は飲むというよりも、おかずとしてご飯に掛けて食べるのが一般的です。

トロッとしているのでカレーみたいなイメージなのでしょう。

これはもち米とココナッツで作ったケーキのような存在なのでデザートです。

デザートにはハロハロやマンゴーパフェのような物を頼んだのですが、頼む毎に全部無いと言われるフィリピンあるあるで先生達がブーブーと文句を言っていました(笑)

フィリピン人の先生を誘うなら学校の近くのフィリピン料理

先生とご飯と言うと生徒さん側からすれば、普段食べていないような高めのレストランや多国籍料理などに連れて行ってあげようと思うのが普通です。

しかし、フィリピンの人達は本当に食に保守的なので、下手に日本食や多国籍料理などのレストランに行くと食べられる物がない、新しい食べ物にチャレンジしないと、非常に残念な思いをしますね。

また、こちらが奢ると言っても高いお店は先生達も遠慮して頼めなくなってしまうので、先生達を誘うのであれば普通にフィリピン料理をおすすめします。

もちろんタクシー移動ができる少人数の先生であれば、少し遠出するのも良いですが、学校が終わってからだとセブは渋滞が酷いのでやっぱり徒歩圏がおすすめです。

先生を誘う場合は可能な限り学校から徒歩10分圏内などの近い場所が良いですね。

遠ければ遠いほど参加率は下がりますし、フィリピンの女性達はできれば歩きたくないので、歩けば15分の距離なのに10分~15分待ってでもジープニーやトライシクルに乗りますからね(笑)

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。