時間の無駄!フィリピン留学で成果がでない英語初心者の勉強方法

英語の初心者の方が良くやってしまって、なかなか成果が出ない勉強方法がいくつかあります。

一生懸命勉強しているし、授業中もしっかりと先生の言うことを聞いて頑張っているのに成果が出ない人にとても多いことなので、少しでも時間の無駄をなくせるように一番やってはいけないことをご紹介しておきましょう。

初心者が授業中に一番やってはいけないこと

特に、英語の初心者の方がやってしまうことの一つ

授業中に文法などの質問をする

これが一番時間の無駄です。

なぜ、これがダメなのか理由を説明します。

授業が脱線する

授業中に質問をすることで授業が本来すべきことから脱線します。

例えば、スピーキングの授業中に分からない文章があるからと文法の質問をしてしまうと、優しい先生達はどうにか理解させてあげようと文法の説明を始めます。

これが今、自分が学習しているレベルの文法を理解している人であれば、一度説明してもらうことでニュアンスの違いに気付けるので大きく授業の本筋から脱線せずに済みます。

しかし、初心者の場合は一度で先生の説明が理解できないので、先生は言い方を変えたり、その文章が使われる状況が想像できるように促したりしながら、あらゆる手で説明をする必要があります。

こうなるとその説明だけで5分~10分では済まずに、20分~30分と時間を潰してしまい、気がついたら結局理解できないまま授業が終わってしまったということは多々起こります。

スピーキングの授業のはずが、文法の授業になってしまって本来するべきことができていないパターンですね。

フリートークになりやすい

どの授業で良く起こりますが、文法に限らずちょっとした好奇心から何かの質問をすることで話が盛り上がってしまい、そのままフリートークになってしまうことが良くあります。

これが自分で主導権を握って話せるレベルの生徒さんならまだ良いですが、英語の初心者がフリートークをした場合は90%以上の時間は先生の話を聞いているだけという無駄な時間になります。

では、残りの10%は生徒さんが話しているのかと言えば、そうではなく適当な単語を並べれば先生が推測して話を繋げてくれるので会話が成立した気分でフリートークを楽しんでしまいますね。

また、先生も真面目な授業をしているよりフリートークの方が楽しいですし、生徒さんが話をふってくるのでフリートークをしたいのかなと気を利かせて授業に戻らない先生もいます。

私のブログ内ではアチコチに書いていますが、フリートークで英語力が伸びるのは

・自分が主導権を握って会話を続けられる
・自分が口にした間違いに気づける

最低限でもこの2つができる人のみです。

無駄な時間を過ごさないための勉強方法

授業を無駄なく活用する方法として「質問をしない」ということを書きました。

では、授業中に分からないことが出てきたら、どうすれば良いのかと言えば

思い切って授業を止めて先生に待ってもらいましょう。

わざわざ理解することが難しくなる先生からの英語での説明よりも、ネットで検索すればすぐ丁寧に日本語で解説されたWEBサイトを見た方が断然理解が早いです。

日本人が行き詰まる文法やニュアンスは、同じように他の人も疑問に思っている箇所が多いですので、本当にたくさん見つかりますね。

先生の前で授業中に調べることが、先生に失礼などと考えるかも知れませんが、そんなことを気にする必要はありませんし、そんなことで態度を悪くするような先生であれば元から先生の素質が無いということです。

少くても私が今まで関わってきた先生で、そのようなことを気にする先生は1人もいませんでした。

メモだけ取って後で調べる

多くの場合で授業中にする質問というのは「大部分は分かっているけど、細かいニュアンスの違いはどうなの?」というような、知っていても知っていなくても本筋には影響しない質問が多いです。

例えば下記のような基礎の文章があるとします。

・Do you speak English?

・Can you speak English?

両方とも、基礎中の基礎の文法ですが、初心者の人がこれらの違いを先生に説明してもらって、例文を作る練習などしていれば軽く30分は掛かります。

※授業を止めてネットで調べれば理解に必要な時間は5分です。

しかし、少しでも英語を勉強したことがあれば、これらの文章は「英語が話せないという意味だな」ということはだいたい分かるので、この2つの文章内での「DoとCan」のニュアンスの違いは正確に分からなくても授業の進行には問題ありません。

ですので、後から自分で調べればすぐに解決できることを、わざわざ授業中に長い時間を潰す可能性のある質問をしなくても良いということです。

上の2つの文章をそのまま入力して検索してみるだけで、すぐにたくさんの説明がみつかりますので試してみて下さい。

さいごに。

私個人の意見としては、授業中には勇気を出して飛ばしてしまい、メモだけ取って、あとで調べることがおすすめです。

授業の流れを止め無い方が良いということが一番の理由ですが、私の経験上では少し疑問に思ったことをその場で聞いてしまうよりも、少し悶々としながら過ごしてから、あとで自分で調べた方が「あーなるほど!」と、鮮明に記憶に残り易いです。

最悪でもどうしても聞いてみたくて質問をしたとしても、そのままフリートークに脱線することだけは意識して避けるように、1回2分から3分の説明を聞いて分からなければすぐに戻るようにして下さい。

また、少し授業を受けていれば、質問してもすぐに授業に戻ってくれる先生と、そのままフリートークから戻らない先生はすぐに分かるので、その辺りは先生によって使い分けるようにすれば良いですね。

これからの留学の際に頭に留めて置いてもらえれば、フィリピン留学中の無駄な時間を減らせる手助けになると思います!

 

フィリピン留学の語学学校で5年間マネージャーを務めた私がサポートします!

inquiry