フィリピン留学を1ヶ月する効果と費用【無駄になる可能性が高い!】

 

今回はフィリピン留学を1ヶ月する効果と費用をご紹介しましょう。

 

春休みや夏休みに海外留学したいけど、1ヶ月しかないから遠くへはいけない。

 

フィリピンなら近いから行けるけど、たった1ヶ月で英語力って伸びるのかな。

 

なんか1ヶ月のフィリピン留学じゃ費用の無駄になりそうだからどうしようかな。

 

そんな悩みをお持ちの皆さん向けに1ヶ月留学についてまとめました。

 

フィリピン留学1ヶ月の効果ってどうなの?

 

この質問は学校でマネージャーをしていた時から何度も回答しました。

 

そこで、実際に伸びるのか伸びないのかと聞かれれば。

 

Macky
フィリピン留学をして1ヶ月後に効果を感じない人の方が圧倒的に多いです。

 

ということが現実です。

 

実際にフィリピン留学をした人に

 

Aさん
フィリピン留学1ヶ月して英語力伸びた?

 

と聞いてみたら

 

Bさん
伸びたか伸びてないか全然わかんない。

 

Cさん
ちょっとは伸びたかも知れないけど、そんな簡単に伸びないよ。

 

このような返事が帰ってくるのが普通です。

 

「1ヶ月でめちゃくちゃ英語力が伸びた!」

 

と言い切れる人は、フィリピン留学の留学生を全て合わせても20%も居ないのではないでしょうか。

 

本気で1ヶ月で英語力を伸ばしたいと考えるのであれば・・・

 

留学前にどんな事前学習が自分に必要か?

 

自分の目標に合わせてすべき事ができる学校はどこか?

 

学校をどうやって利用するのか?

 

どうやって学習を進めるのか?

 

最低でもこのあたりは理解して準備していく必要がありますね。

 

もちろん、英語と海外生活を楽しみたい方はこんなこと気にする必要はありませんよ。

 

英語の目標なんて人それぞれですので、みんなが学習に本気で無ければいけないなんてルールはありません。

 

1ヶ月の留学でスピーキングが伸びているか効果を感じるのは難しい

 

1ヶ月の留学で英会話力や英語でのコミュニケーション能力が上がるかどうかと言われると、伸びたと実感できる人はやはり少ないです。

 

なぜかと言えば、スピーキングはTOEICのように点数が目に見えないために、英語力が伸びたか伸びていないかの判断基準が自分の判断でしかないからです。

 

もちろん、学校でのスピーキングテストだったり、先生から「上手く話せるようになったね」などと言う評価で伸びを判断することもできます。

 

しかし、思うように話せていないと自分で思っている限り「伸びていない」と判断してしまうことが難しいところですね。

さらにスピーキングにはどこまで行けば良いという上限が無い上に

「伝わる発音」

「相手の話を聞き取るリスニング力」

「瞬間的な文章作成力」

「相手の話の先を読む理解力」

などあらゆる要素が絡んできますので「スピーキング授業=たくさん話せば良い」と言う訳ではありません。

なぜかこれから英語学習をしようという多くの人が「TOEICは難しくて、スピーキングの方が楽」という感覚で捉えています。

 

ただ現実はTOEICのスコアを上げるよりも、スピーキング力を上げる方が身に付けなければならないことは遥かに多いです。

 

こういった理由もあり「スピーキング力を上げたい」という希望でフィリピン留学を1ヶ月しても、あまり伸びていないと考える人が多いですね。

 

セブ留学してTOEICを勉強すれば誰でもスコアが伸びる

 

英語力が伸びたと感じられる一番簡単な方法がTOEICです。

 

英語力が伸びたという「伸び」を指す意味が「英会話力」なのか「TOEICのテストの点」なのかによってその意味合いは大きく割合は変わります。

 

これがTOEICの学習だけに集中して

 

「1ヶ月でTOEICの点数が伸びたかどうか」

 

ということが、英語力の伸びの対象であれば、おおよそ70%~80%の留学生が伸びると思います。

 

もちろん、どれくらい点数が伸びるかは、本人の努力と元々の点数が高いか低いかによって大きく左右されます。

 

Macky
留学当初が250点であれば、よほど遊んでばかりいない限り、誰だって1ヶ月頑張れば350点から400点にはなりますよ。
地頭が良い人であれば500点越えるかも知れません。

 

このくらいが何をやっても吸収する英語が一番楽しいときですし、何をやっても伸びる時です。

 

留学当初がすでに高得点の800点だったとしても、1ヶ月頑張れば10点から50点くらいは伸びるでしょう。

 

必死になればその人が留学したタイミングによっては900点に届く人もいるかも知れません。

 

こういったTOEICの点数を元にして、英語力が伸びたと言うのであれば間違いなく70%~80%の人の英語力が伸びます

 

Aさん
それならフィリピン留学ではTOEICやればいいじゃん!

 

というのはちょっと違うんですが、それは後述します。

 

1ヶ月後に英語力が伸びる人と伸ない人の違いは何?

 

1ヶ月後に伸びたと言える人と伸びてないと感じる人の違いは何かと言えば、これは色んな要素があるので一概に言えません。

 

しかし、伸びを感じた人と伸びてないと感じる人の大きな違いはスタート地点が違うということが多いです。

 

例えば今日からフィリピン留学を始めるAさんとBさんがいたとします。

 

Aさん:これまでも留学前もまったく英語の勉強をしなかった初心者

Bさん:留学前に中学文法と基礎単語はある程度勉強したけどまだ全然話せない初心者

 

もう分かると思いますが、このように同じ初心者でも留学のスタート地点が全く違うんです。

 

おおざっぱに言えばAさんとBさんの間には学習時間で言えば少なくとも100時間分くらいの差があります。

 

中学3年間の勉強をした人とまったくしてない人ですから違って当たり前ですね。

 

そして、さらに細かく違いを言えば。

 

Aさんは高卒で学校でも勉強なんて全くしてなかった人。

Bさんは大学を卒業して、学生時代はそれなりに勉強していた人。

 

こうなるとAさんとBさんのスタート地点の差は100時間どころではなく、1,000時間は違うと言えます。

 

Macky
これがもし私のような名前を書けば入学できるような底辺の高校卒業と、Aランク大学卒業だとするとその差は1000時間なんてものではありませんね笑

 

例えBさんが40代、50代だとして勉強したのが10年前、20年前、30年前の話しだったとしてもその差は明らかです。

 

30年も前のことは覚えてない。

 

と思うかも知れませんが、一度しっかりと勉強していれば思い出すのも早いですし、若い頃に身に着けたことというのは案外残っているものです。

 

私もそうでしたが、本当の初心者の人は基礎の基礎である「現在形」と「現在進行形」の違いが、やさしく日本語で説明されてもすぐには分かりませんからね。

 

その結果として、

 

Aさんは何もせずに留学したために路頭に迷って打ち砕かれるか、留学前に日本で勉強すれば50時間から100時間で終わったことを、フィリピンに来てから効率が悪い方法で200時間~300時間掛けてすることになります。

 

Bさんはしっかりと事前学習をしてインプットを済ませた状態だったので、インプットした英語をアウトプット練習することに集中できたことで自分でも伸びを実感できたということになりますね。

 

これが伸びを感じる人と伸びを感じない人の大きな原因の一つです。

 

もちろん、どれだけ真剣に質の高い勉強をしたかということも関係するのは言うまでもありませんね。

 

留学1ヶ月で伸びを感じなくても伸びている

 

では、学習の準備をしなかったAさんがまったく伸びなかったのかというと、もちろんそんなことはありません。

 

本当はAさんも間違いなく伸びてるんです。

 

フィリピン留学で1ヶ月の間一生懸命勉強すれば、少なくても200時間は勉強することになります。

 

英語の初心者で何もしていなかった人が200時間も勉強したのですから、少しも伸びない訳はありません。

 

日本で働く社会人が地道に1日1時間勉強したとして200日掛かることを1ヶ月に短縮したのですから、その頑張った時間分は間違いなく伸びています。

 

伸びているのに伸びを感じない原因は、英語が話せるようになりたくて留学したのに思うように話せるようになっていないから、実感がわかないだけということです。

 

 

英語の学習は数百時間掛けて勉強してようやく目標に達したら、また先の見えない目標が出て、また数百時間見えない次の目標に向かって走っての繰り返しです。

 

ですので、Aさんは伸びていないのではなく、たまたまAさんは200時間の内に目標にたどり着かなかったというだけの話しです。

 

もしかすると後数日で「あれ話せるようになってるかも?」と感じる最初の目標が見えていたかも知れませんしね。

 

Macky
実際に私が留学した時も、3ヶ月勉強して聞き取れず理解できなかった英語が、4ヶ月になる前に突然クリアに理解できるようになってびっくりしたことをはっきりと覚えています。

 

フィリピン留学は何ヶ月位の期間だったら確実に効果があるの?

 

これは間違いなく3ヶ月です。

では、3ヶ月留学すれば3ヶ月後に変化が現れるのかと言われればそれはNOです。

 

確実に変化を感じられるかどうかは人それぞれのタイミングでしかありません。

 

例えば、留学前の準備でしっかりとインプット学習をしてきたBさんはとても効率よく学習ができているため、留学開始して1ヶ月で英語力が伸びる感覚を掴んで、最初の目標に到達してしまうかも知れません。

 

そうなると次の目標までまた数百時間必要になりますので、残りの2ヶ月はまた伸びないと感じる期間に入ります。

 

すると、2ヶ月の間は伸びないと悩んだまま終わることになり「あんまり伸びなかったなぁ・・・」と思ってしまうことでしょう。

 

ですので、私はきっちりと自己学習が出来る方には、1ヶ月の留学しかお勧めしないこともあります。

 

逆にAさんは最初がゼロだったので、毎月200時間学習している内に500時間で最初の目標に到達し「伸びている感じがする!」と感じて、3ヶ月で伸びた結果に大なり小なり満足することでしょう。

 

要は、少なくても3ヶ月間滞在していれば、遅かれ早かれどこかのタイミングで伸びを感じられる人が多いので、留学には3ヶ月をオススメすると言うことです。

関連記事:フィリピン留学3ヶ月の効果は?【最高に充実するおすすめの期間】

フィリピン留学1ヶ月を無駄にしないために

 

1ヶ月だけに限りませんが、英語の留学をするのであれば少しでも無駄にしないためにしなければいけないことがあります。

 

●留学前に事前学習をする

●何を目標にするか明確にする

●英語学習への勘違いを無くす

 

留学前に事前学習をする

 

留学前には事前学習をしましょう!

 

これはどこのWEBサイトを見ても書かれていることです。

 

また、私の書く記事でも何度も書いていますが「英語の習得のみを目標に留学する人」は留学前に事前学習をしなければ、留学失敗の可能性が大幅に上がるのは紛れもない事実です。

 

事前学習についてはこちらをご参考にどうぞ。

関連記事:事前学習しないことは留学失敗への大きな一歩

 

何を目標にするか明確にする

 

何をするにも同じですが、目標が無いまま留学しても何をすれば良いのか、自分がどうなれば良いのか分からないので英語力を伸ばすことが非常に難しくなります。

 

上記にも書いたように「TOEIC目的」であれば点数で目標を決められますが、「スピーキング力UP」などのなんとなくの目標では伸びません。

 

留学の目標についてはこちらをご参考にどうぞ。

関連記事:短期留学しても目標や目的が無いと伸びない!

 

フィリピン留学での英語学習への勘違いを無くす

 

フィリピン留学では授業数の多さがメリットのように書かれているWEBサイトがたくさんあります。

 

しかし、フィリピン留学で5年間マネージャーをしていた経験からしても、授業数は多ければ多いほど留学失敗に近づきます。

 

留学前に自分にあった授業数を見つけ出すことはとても難しいですが、少なくても初心者が1日に8コマ以上の授業を受けることは間違いなく失敗です。

 

授業数についてはこちらをご参考にどうぞ。

関連記事:1日の授業数が多すぎると失敗の可能性が高まる

 

他にも留学中の学習方法でも良くやってしまいがちで時間の無駄になることがあります。

 

これは初心者に限らず多くの留学生がやってしまっていることなのですが「授業中に質問はしない方が良い」ということです。

 

なぜかという理由はこちらで書いていますのでご参考にどうぞ。

関連記事:フィリピン留学で成果がでない英語初心者の勉強方法

 

フィリピン留学を1ヶ月する場合の費用総額

 

フィリピン留学を1ヶ月(4週)した場合の費用総額を寮タイプのパシフィックツリーとホテル滞在タイプのセブアメリカンイングリッシュアカデミーの2校を比較してご紹介しましょう。

 

下記費用は目安としての留学費用、往復航空券を含む交通費、海外旅行保険、遊興費のすべてを含みます。

 

※ドル建てを含んでいますので、為替レートにより変わります。

 

寮タイプ四人部屋・パシフィックツリー内訳

 

●寮タイプ四人部屋の場合

学校に関係する費用の合計:195,945円

交通費・遊興費・海外保険の合計:40,000円~115,000円

 

お申込み時に日本でお支払いになる費用
General English
スタンダード 
4週間
US $ 1,350-
学校寮  四人部屋
・マンツーマン4コマ
・1対4 or 1対8グループ2コマ
入学金US $125-
費用合計
US $1,475-(約165,200円)
※1ドル=112円
現地でお支払いになる費用
SSP取得費用6,500ペソ
学生証代金200ペソ
教材費2,500ペソ(平均)
※レベルや期間により変わります。
空港ピックアップ800ペソ(日曜日)
寮デポジット3,000ペソ
※退寮時に問題無ければ全額返却
電気代700ペソ(1週)
水道代500ペソ(4週間)
管理費1,000ペソ(250ペソ/1週)
費用合計
14,300ペソ(約30,745円)
1ペソ=2.15円
その他必要な費用
航空券代日本各地から往復で平均60,000円
LCC利用で往復30,000円
海外旅行保険4週間 約25,000円
クレジットの無料付帯
遊興費4週間
多い人で約30,000円
少ない人で約10,000円
その他必要な費用の合計安くて40,000円
高くて115,000円

 

寮タイプ一人部屋・パシフィックツリー内訳

 

●寮タイプ一人部屋の総額 

学校に関係する費用の合計:238,245円

交通費・遊興費・海外保険の合計:40,000円~115,000円

 

お申込み時に日本でお支払いになる費用
General English
4週間
US $ 1,720-
学校寮  一人部屋
・マンツーマン4コマ
・1対4グループ or 1対8グループ2コマ
入学金US $125-
費用合計
US $1,845-(約206,640円)
※1ドル=112円
現地でお支払いになる費用
SSP取得費用6,500ペソ
学生証代金200ペソ
教材費2,500ペソ(平均)
※レベルや期間により変わります。
空港ピックアップ800ペソ(日曜日)
寮デポジット3,000ペソ
※退寮時に問題無ければ全額返却
電気代3,200ペソ(800ペソ/1週)
水道代500ペソ(4週間)
管理費1,000ペソ(250ペソ/1w)
費用合計
14,700ペソ(約31605円)
※デポジットは含みません
※1ペソ=2.15円
その他必要な費用
航空券代日本各地から往復で平均60,000円
LCC利用で往復30,000円
海外旅行保険4週間 約25,000円
遊興費4週間
多い人で約30,000円
少ない人で約10,000円

 

ホテルタイプ一人部屋・セブアメリカンイングリッシュアカデミー内訳

 

●ホテル滞在タイプ一人部屋の総額 

学校に関係する費用の合計:350,980円

交通費・遊興費・海外保険の合計:40,000円~115,000円

 

お申込み時に日本でお支払いになる費用
スピーキング特化6レッスンコース 4週間¥298,000 
(バスタブ付きスタンダードルーム)
入学金¥15,000
海外送金手数料¥2,500
昼食プラン(オプション)¥10,000 4週間分
夕食プラン(オプション)¥10,000 4週間分
費用合計
¥335,500-
現地でお支払いになる費用
SSP取得費用6,000ペソ
学生証200ペソ
教材費1,000ペソ(4週平均500ペソで返金有り)
費用合計
7,200ペソ
その他必要な費用
航空券代日本各地から往復で平均60,000円
LCC利用で往復30,000円
海外旅行保険4週間 約25,000円
遊興費4週間
多い人で約30,000円
少ない人で約10,000円

 

格安航空会社とクレジットカードの無料付帯保険で節約

 

上記でご紹介した総額にはそれぞれ「往復の航空券代 60,000円」と「海外旅行保険 25,000円」が含まれている費用と含まれていない費用で計算しています。

 

当たり前ですが、学校の費用は格安学校などで複数人部屋などを選ばない限り下げる事はできません。

 

しかし、航空券は早めに購入したり、格安航空会社を利用し、海外保険はクレジットカードの無料付帯保険を利用することで大きく節約することができます。

 

クレジットカードの無料付帯保険で25,000円の節約。

 

格安航空会社のプロモーションチケットを利用して30,000円から40,000円の節約。

 

上手くすれば最大65,000円の節約も可能ですね。

 

格安航空会社についてはこちらをご参考にどうぞ。

関連記事:【簡単ガイド】フィリピン留学するなら飛行機のチケットも気にしよう

 

1ヶ月のフィリピン留学の間に必要になる現地費用

 

次に、1ヶ月のフィリピン留学の間に必要になる費用、主に遊興費などについてご紹介します。

 

これについては、4週間で10,000円しか使わない人もいます。

 

多い人は50,000円ほど使うひともいますので人それぞれです。

 

普通に生活して週末に遊んで居る程度であれば30,000円あれば十分にお釣りが来ます。

 

現地の物価

 

物価については基本的にローカル向け(L)の物価と外国人向け(F)の物価があります。
2018.7月現在で1ペソ=約2円

 

・コーラやスプライト(L)9ペソ 瓶250ml(F)23ペソ 缶350ml

・瓶ビール (L)スーパーで30ペソ前後(F)レストランで60ペソ前後

・缶ビール(L)スーパーで35ペソ前後(F)レストランで60ペソ前後

・パン(L)5ペソ~10ペソ(F)5ペソから50ペソ

・ペットボトルの飲水(L)(F)500ml どちらも12ペソ~20ペソ

・ハンバーガー(L)路上の屋台 2個30ペソ(F)マクドナルド 35ペソ

・アパートの賃料(L)1ルーム 2,000ペソ(F)1ルーム 12,000ペソ

 

そして、特に皆さんが気になるところが昼食や夕食の1食の費用だと思います。

 

食事は道端にたくさん出ているローカル向けの食堂へ行けばご飯1食15ペソ、おかずが一品20ペソから30ペソで食べられますので男性でも60ペソもあればお腹いっぱい食べることができます。

 

もちろん、フィリピンの食堂は衛生面など無いようなモノなので、何が起こるか分からないというリスク付きです。

 

しかし、ローカルの食堂でご飯を食べてひどい目に遭ったという人はあまり聞いたことがありません。

 

ただ、道端で食べるのを避けたほうが良い食べ物は「焼き魚」ですね。

 

これは本当に直撃するので注意しましょう笑

 

綺麗なレストランで食事をする場合はだいたい一品が250ペソから300ペソほど、50%ローカルで150ペソから200ペソです。

 

 

二人で綺麗なレストランに入って、それぞれセットになっているプレートを食べた場合は1人300ペソ+飲み物代といったところですので、日本円で800円~1,000円もあれば大丈夫です。

 

まとめ

 

私自身の留学経験と学校のマネージャーとして多くの留学生と関わった経験から言えば、本人の実感がある無しに関わらず、必ず英語力は伸びています。

 

ただし、1ヶ月で伸びている実感を感じるにはそれなりの事前準備をして、フィリピン留学で英語力を伸ばす為の土台作りをしていないといけません。

 

また、自分の希望の学校へ行けば留学が成功するのではなく、しっかりと準備して学校の使い方を事前に知ることが出来た人が留学に成功します。

 

もちろん、そういったアドバイスするために私はいますのでいつでもご相談下さい。

 

留学はどの学校を選んでも使い方を間違えると意味がありません。

inquiry