英語力に効果はない?1週間のフィリピン留学に価値と意味はある?

フィリピン留学は日本から近いこともありゴールデンウィークやお盆だけでなく、1週間の有給休暇で留学に来る人も社会人には多いですね。

 

そこで、今回は1週間留学について

 

1週間のフィリピン留学に英語力を上げる効果はあるのか?

たった1週間の留学に価値や意味はあるのか?

 

ということについてまとめてみました。

 

1週間のフィリピン留学をする意味って何があるの?

 

1週間のフィリピン留学にどんな意味があるのかと言えば、私がお会いした生徒さん達はこのような感じでした。

 

●講演会やプレゼンの練習をしにきた

●これから考えている長期留学に向けての下見に来た

●ちょっと留学経験がしてみたかった

●ただ旅行するよりも英語の勉強する方がおもしろそうだったから

●セブでゴルフがしたかったからそのついでに半日勉強してみた

●日本で勉強するだけではモチベーションが上がらないから来た

 

このような理由の生徒さんにお会いしましたが、一番多かったのはモチベーションキープのためですね。

 

私が知る限り、実際に留学している人の中には1週間の短期留学に英語力が上がるかどうかを期待している人はあまりおらず、普通に考えれば伸びるモノではないと理解している人の方が断然多かったです。

 

しかし、理解はしていながらもどこかで伸びることを期待しているといった感じですね。

 

私の経験上で言えば、もちろん大きくは伸びませんが、1週間の留学でも利用方法によっては効果があることは間違いありません。

 

1週間の留学で英語力が上がる効果はあるの?

 

1週間で英語力が伸びるのかどうかと言えば、感じられるくらいには伸びない人の方が95%と圧倒的に多いですが、稀に伸びる人もいます。

 

ただし、もう少し自分自身、学校、エージェントなどがしっかりとした意識を持てば伸びる人を増やすことも出来ると思いますので、それについては後述します。

 

本気で追い込んで学習すれば、1週間の留学で英語の学習に使える時間は1日6レッスン、6時間の復習、1時間の予習で合計13時間です。

 

本当に短期間で英語力を上げる気持ちがあるのであれば、授業時間と復習に当てる時間は同じだけ必要で、さらに予習時間が必要ですので、1日に受けられる授業の限界は6レッスンまでと思ったほうが良いでしょう。

 

もちろん、8レッスンでも新しいことばかり進めるのではなく、授業そのものを復習にしてしまうのであればその限りではありません。

 

フィリピン留学では入学初日は1日授業ではなく、初日はオリエンテーションのみの学校と午前中はオリエンテーションで午後は3レッスンから4レッスン受けられる学校もあるので、1週間留学では初日から授業があるかどうかも重要なポイントです。

 

1週間留学した場合のスケジュール

 

1週間を最大限有効活用した場合のスケジュールは下記のようになります。

 

 時間学習時間
日曜日入寮
月曜日入学
08:00~12:00
13:00~17:00
オリエンテーション
授業4時間
復習時間4時間
予習時間1時間
火曜日08:00~15:00
15:00~自習時間
授業6時間
復習時間 6時間
予習時間1時間
水曜日08:00~15:00
15:00~自習時間
授業6時間
復習時間 6時間
予習時間1時間
木曜日08:00~15:00
15:00~自習時間
授業6時間
復習時間 6時間
予習時間1時間
金曜日08:00~15:00
卒業
15:00~自習時間
授業6時間
復習時間6時間
予習時間1時間
土曜日帰国授業時間合計 28時間
復習時間合計 28時間
予習時間合計 5時間 
※あくまで最大限の学習した時のスケジュールです

 

1週間の留学で出来る英語の学習を合計すると63時間になりますので、これくらいの時間を使って学習すればかなり頑張ったと言えますね。

 

例えば、日本で英語学習を1日1時間を続けていたとすると63日分、週に1回の90分の英会話スクールだけだとすると42週分の学習を1週間に詰め込むことになります。

 

もちろん、詰め込んだら効率が良くなると言い切れる話ではありませんが、しっかりと必要な学習に集中して1週間やりきった人はきっちりと結果が出ている人も間違いなくいましたので、1週間で英語力は伸びないということはありません。

 

1週間留学で英語力を伸ばしたいなら一点集中する

 

私の知る中で効率的に1週間留学を利用された方はそれほど多くありませんが、その方達は間違いなく1週間で英語力を伸ばしていました。

 

例えば、プレゼンの練習をしにきたという社会人の方の場合。

 

1週間で一つだけのプレゼンに絞って、イントネーション、アクセント、感情などを意識しながら抑揚をつけて人に伝わる話し方の練習に注力。

 

そして、プレゼンの内容から考えられる質疑応答への対応を徹底的に練習した結果、プレゼンに自信が持てたという方もいました。

 

他にも、2ヶ月後までにどうしてもIELTSで目標のスコアを達成できるレベルにならないといけないけどスピーキングが苦手という方が、追い込みでIELTSのスピーキングパートだけに集中してトレーニングした結果、見事に目標のスコアを取って喜んでいましたね。

 

1週間の留学では何も考えずにただ留学したり、なんとなく学習をしていては目に見えて伸びることはありません。
しかし、一つだけやることを決めて徹底的にすれば1週間でも効果はあるという良い例です。

ただ、そう言った特化型の練習をしたいのであれば、そういったことが柔軟に受け入れることが出来る学校を選ばないといけませんので、学校選びはより慎重にしなければいけませんね。

 

1週間留学でやることを決めても初心者には効果が感じられない

 

残念ながら、どれだけやることを絞っても初心者の方には1週間留学で英語力を上げる効果は無いと言えます。

 

もちろん、脳みそが沸騰するほど頑張った63時間は絶対に無駄にはなっていませんが、本人が学習効果を感じることは非常に難しいですね。

 

英語力アップの結果がでることが成功だというのであれば、十中八九失敗しかないでしょう。

 

ですので、初心者の方の場合は、

 

留学がどういったものなのかを知る

今後の英語学習の方法を知る

海外での生活体験

 

こういったように、これからの英語学習の経験として割り切って留学をすることをおすすめしますね。

 

1週間の留学で一番効果がでない学習方法

 

私は1日に6時間以上の授業を受けることは、英語力を伸ばす気がないとしか思っていませんので偏見的な書き方をします。

 

1週間の留学で「1週間なんだから少しでも授業の多い学校を選びましょう」というのはあり得ません。

 

例えば、8時間~10時間の授業があったとして、その中の2時間から4時間をその1日の授業の復習時間として当てて、先生と一緒にできるのであれば、それはそれで良いと思いますけどね。

 

という訳で、授業数は必ずその日の内に同じ時間だけ復習できるコマ数で受けることを強くおすすめします。

 

または先にもご紹介したように、8時間であれば常に新しいことを学ぶのではなく、2コマ~3コマをその日の授業の復習に当ててしまうと良いですね。

 

 

学校選びでだけで留学の成否は決まりません。

inquiry