フィリピン・セブ島の水道水は飲める。けど環境が劣悪なのでダメ

フィリピンの水道水は飲める?

 

フィリピンの水道水は飲んでも大丈夫?

 

という質問で

 

フィリピンの水は危険なので絶対に飲んではいけません。

 

という回答は良く見かけますが、本当にダメなのでしょうか?

 

それなら「歯を磨く時に口に水を入れるのもだめ?」「シャンプーで口に入ってくるのもだめ?」「洗顔の水は?」という話になりますよね。

 

ここでは、フィリピン・セブ島の水道水についてまとめてみました。

 

フィリピン・セブ島の水道水は飲める

セブの水道水は飲んでも安全

 

最初にお伝えしますが、水道水の基準値としてはフィリピン・セブ市内の水は飲めます。

 

もちろん、私はフィリピンの水道水は絶対に飲みませんけどね。

 

しかし、フィリピンのセブ島の水道水は飲める水になっていると「Metropolitan Cebu Water District (MCWD)」が発表しています。

 

セブ島の水道水に関する新聞記事

 

ただし、水は飲料水として基準値に達しているかも知れませんが、浄水場を出てから水道に辿り着くまでの配管、ウォータータンクなどが、劣悪な汚さなので絶対に飲んではいけないのです。

 

私が最初にフィリピンを訪れた2008年の時は「ローカルでも絶対に生水は飲んではダメ」と言われていましたが、先生達に聞くと最近では普通に飲んでいる人も多く、飲めるけど飲み慣れていない外国人は飲まない方が良いとも言われていますね。

 

フィリピンは歯磨きなどで水道水をの使うのは大丈夫?

 

洗顔、うがい、歯磨きなどは水道水でも問題ありません。

 

水道水での歯磨きに関しては気になる場合はウォーターサーバーの水を利用すれば良いですが、大半の留学生は水道水で歯磨きをしていますね。

 

ちなみに、私は水道水を口に含んだ時にする味が嫌いなので、歯磨きもウォーターサーバーの水を利用しています。

 

フィリピンの水道水は料理に使っても大丈夫?

 

私は潔癖気味なので調理にはウォーターサーバーの水を利用しますが、水道水でお米を炊いたり、熱したスープを飲んだりするのであれば大丈夫です。

 

使わないのに何故大丈夫だと分かるのかと言えば、6ヶ月ほどフィリピン留学をしていた時は絶対に飲んではいけないと言われていた水道水で作られた料理を知らずに食べていたからです(笑)

 

むしろ、今でもフィリピンのレストランで使われている水はほとんど水道水から出来ているので食べられないと言っていては何も口に出来ませんからね。

 

日本の水道水は軟水でフィリピンの水道水は硬水

 

フィリピンの水は日本と違って硬水なので、日本の水よりもカルシウムやマグネシウムが多く含まれています。

 

そのため、お鍋に水道水を入れて沸騰させるとお鍋のまわりに白い粉がたくさん付着しますね。

 

また、普段から硬水を飲み慣れていない日本人が、硬水を含んだスープなどを飲むとお腹の調子を崩すのです。

 

学校などにあるウォーターサーバーの水は、一般的には水道水を濾過した濾過水になります。

 

濾過水なので飲んでも大丈夫なウォーターサーバーの水でも、硬水に身体が慣れるまでにお腹の調子を崩すことがありますね。

 

フィリピンでオススメの飲料水はウィルキンス

 

ここからは個人的なお話ですが、私も胃腸が弱いので基本的にフィリピンではペットボトルの蒸留水しか飲みません。

 

ウィルキンスというブランドの水(軟水)があり、一番大きいサイズは7リットルで85ペソ~100ペソ(200円程)で購入できます。

 

フィリピンのウォーターサーバーの水は20リットルで15ペソ~20ペソですので、フィリピン人からするとかなり高級な部類に入りますが、私が色々と飲んだ中では、唯一常温で飲んでも無味無臭の水です。

 

浄水機能付きの水筒などを利用することで軟水に近い状態にすることが出来ると思いますが、基本的にペットボトルの水を購入されるのであれば不要です。

 

フィリピンでは硬水向けのシャンプーが一般的

フィリピンの水は硬水なのでお腹をくだす

 

フィリピン生活をする女性に良く言われることですが、シャワーの水が硬水なので日本の軟水向けのシャンプーでは髪の毛がゴワゴワしてしまうそうです。

 

短期間であれば気にする必要はなさそうですが、留学期間が数ヶ月単位になるのであればフィリピンで髪の毛に合うシャワーを探すのも良いですね。

 

フィリピンでは1回で使い切りの小さなパックがたくさん売られているので、いろんな種類を試してみることをおすすめします。

 

フィリピン留学でお腹の調子を崩す原因は水より食べ物の率が高い

 

フィリピンだけでなく、海外に行く際には飲水についてとても気になりますが、実際には果物やジュースなどで調子を崩していることの方が多いです。

 

例えば、フィリピンはフルーツが安くて美味しいのでマンゴーやパパイヤなど糖分を含むフルーツを多く食べていればお腹を下す原因になります。

 

また、太らないから良いと思ってコカ・コーラゼロのような人工甘味料が入っているジュースを飲んでいてもお腹がユルくなります。

 

フィリピンの食べ物や飲み物は何でも糖分が大量ですので、飲みすぎないように注意して下さい。

 

私はいつもマンゴージュースを含めて、ジュース類を飲む時は「ノンシュガー」で頼みますし、食べ物についても火を通す物を選ぶのが鉄則です。

 

そこそこ高めのレストラン以外でサラダやフルーツなどの生モノを食べるのも避けた方が良いですし、食べ物の中でも揚げ物や魚介などのシーフード系は当たりやすいですね。

 

美味しそうに見えても、しっかりと熱が通っていなように見えるものや、油がべっとりとしたような揚げ物は食べない方が安全です。

 

特に魚は表面はしっかりと焦げで焼けているように見えて、中身は怪しい場合があるので要注意です。

 

という訳で、セブ市内の水道水は水質の基準はクリアしていますが、給水管などが劣悪なので飲まない方が良いけど、レストランの料理はどこだって基本は水道水です、というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です