セブでWi-FiならSimカードが便利・日本で買わずに現地で購入

Aさん
セブ留学はどうもWi-Fiがしっかりと使えるかどうか怪しいですよね・・・。
仕事があって、必ずWi-Fiは繋がって欲しいので、日本でポケットWi-Fiでも借りようと思っていますが、ネットの状況はどうですか?

 

セブ留学では、かなりWi-Fi状況が改善されている学校が多いですが、それでもやはり、学校のWi-Fiは特定の場所しか使えなかったり、全員で共有するのでスピードが遅すぎてイライラするということもありますね。

 

結論から言えば、少人数のホテル滞在型で学校がWi-Fiを管理しているような学校でないとどこでも使える訳では無い場合が多く、またスピードは期待出来ません。

 

そう言った方には、フィリピンに来てから現地でSIMカードを購入して利用するのがオススメですね。

 

ここでは、セブでのWi-Fiの確保の仕方、SIMカードの購入場所、使い方などをまとめていますのでご参考にどうぞ。

 

セブでWi-FiならSimカードが便利

 

セブで、Wi-Fiを利用するのには下記の方法があります。

 

1.日本でポケットWi-Fiをレンタルする

2.SIMフリーのスマホがあれば、現地でSIMカードを購入して使う

3.SIMフリーのポケットWi-Fiを購入し、現地でSIMカードを購入して使う

 

日本でポケットWi-Fiをレンタルする

 

一番費用が掛かって一番不便な方法が1番のポケットWi-Fiをレンタルする方法です。

 

例えば、日本でも有名なイモトのWi-Fiを利用すると4G/LTEが1日500MBで1280円です。

 

30日まとめてレンタルしても、23,000円もしますね。

 

借りる際の手間と返す手間もありますし、万が一壊したり無くしたりした場合の保険にも入らないといけません。

 

さらに、ポケットWi-Fiや充電機器を持ち歩かないといけませんので、本当に良いポイントが全くありませんね。

 

SIMフリーのスマホでSIMカードを購入して使う

 

簡単・安い・Wi-Fiの安定性が一番良いと三拍子揃っているのが、SIMフリーのスマホを利用し、現地でSIMカードを購入して利用することです。

 

もちろん場所によりますが、スマホにSIMを挿して利用した場合、回線速度は2Mbpsから5Mbps程度は速度がでます。

 

Youtubeの低画質動画であればストレスなく視聴できますし、高画質の場合でもちょくちょく止まりはするものの十分に視聴することが出来るレベルですね。

 

詳細は後述しますが「プリペイドSIMカードを購入⇒チャージする⇒登録する」の簡単3スッテプで利用することができますね。

 

SIMカードはセブ空港でも安く購入できますし、街中のショッピングモール、街中の個人商店などでも購入することができます。

 

SIMフリーのポケットWi-Fiを購入

 

パソコンも使いたいけど持っているスマホにはWi-Fiを共有するテザリング機能が無いという場合は、ポケットWi-Fiが便利ですね。

 

ただし、これも日本でレンタルするよりも現地でポケットWi-Fiを購入し、SIMカードを挿して利用した方が断然安いです。

 

例えば、フィリピンではSmartとGlobeの2社があり、どちらかのブランドしか利用できないSIMロックのポケットWi-Fiなら2,000円もしませんし、世界中で使えるSIMフリータイプでも5,000円程で購入できます。

 

ただ、SIMフリーのスマホで利用するよりも若干速度は遅くなりますし、接続し続けるとバッテリーが3時間~4時間程しか保たないのが欠点です。

 

フィリピンはSmartとGlobeのどちらのWi-Fiが速い?

 

セブだけで考えればSmartの方が回線が速いと言われているのですが、これも完全に場所によります。

 

私もSmartが速いと言うので比較することも無く、Smartを3年位利用していました。

 

しかし、友人がGlobeを利用していたので、ふと気付いて比較してみたところGlobeの方が断然安定していて速かったので、今ではGlobeがイチオシです。

 

Smartは電波も弱い場所が多いですし、勝手に切断されてダウンロードが止まることが頻繁にありましたが、Globeにしてからほぼ無くなりましたね。

 

GlobeのSIMカードを購入して現地でWi-Fiを確保する手順

 

という訳で、ここからはGlobeのSIMカードを使って、現地でWi-Fiを利用する手順をご紹介します。

 

全く知らなければ、操作が少し難しいのですが、こちらを見ながら進めて貰えば簡単だと思いますよ。

 

1.SIMカードの購入場所

 

セブ空港へ国際線で到着した場合は、空港を出てタクシー乗り場方面に歩いて行った場所にSIMカード売り場があります。

 

SIMカードの購入場所

 

ただ、売り場が混雑しているとかなり時間が掛かるので、学校のピックアップを考えると空港で購入するのは難しい場合がありますね。

 

空港で購入する場合は、スタッフに全ての設定をしてもらうと良いですが、空港で旅行者向けの料金設定の場合もあるので確認が必要ですし、スマホの言語設定を英語にするなどしておかなければいけません。

 

個人的には、慌てて購入する必要も無いですので、学校近くのショッピングモールなどで購入すれば良いと思いますね。

 

セブでSIMカードを購入する方法

 

どこのモールにもこの様な携帯を販売しているブースが出ていますので、ここで購入することができます。

 

街中の個人商店やコンビニなどでも購入することが出来る場所がありますが、専門店ではないですし、英語ができないとちょっとハードルが高いですね。

 

2.SIMカードとプリペイドカードを購入する

 

まず、こちらがGlobeとSmartのSIMカードになります。

 

私はGlobe押しですので、今回のお話はGlobeで進めます。

 

セブのプリペイドSIMカード

 

どちらも、どのサイズのSIMでも使えるようにカットができますが、最近はナノSIMが一般的ですね。

 

一応、LTEのSIMカードを購入しないといけませんが、特に何も言わなくても「I want to buy a sim card.」と言えば「Globe or Smart?」と聞かれて、このタイプのSIMが出てくるでしょう。

 

また、SIMカードだけではWi-Fiが利用出来ませんので、一緒にプリペイドカードを購入します。

 

セブでプリペイドSIMカードを購入する

 

プリペイドSIMカードにお金をチャージするのは「Load・ロード」と呼ばれます。

 

ロードは100ペソ、300ペソ、500ペソとありますが、1週間でデータ量2GBのWi-Fiを利用するのに90ペソしか掛かりませんので、滞在に合わせて購入すれば良いですね。

 

留学生の皆さんは学校に滞在している時間の方が長いので、出先でYoutubeを見たり、大容量のダウンロードなどをしない限りはまず不足することは無いでしょう。

 

3.SIMカードを挿入する

セブでSIMカードを入れ替える

 

最近のスマホだとSIMカードの挿入には写真のようなピンが必要ですが、もし持っていないのであれば現地でSIMを購入した時に販売員さんにお願いすれば大丈夫です。

 

4.ロードをSIMカードにチャージする

 

こちらはGlobeのロードの裏面になります。

 

最初は、数字が銀で覆われていますので、スクラッチの要領で削って下さい。

 

スクラッチの裏には使用手順が書かれています。

1.Dial 「*143#」 for free and select 「My Account」

2.Select 「Load Call Card」

3.Enter the 「10-digit」 call card number then 「6-digit PIN」

4.A notification will be sent via text to confirm that the reload is successful.

 

それでは、その手順に沿って進めてみましょう。

 

1.Dial 「*143#」 for free and select 「My Account」

 

「*143#」にダイヤルします。

 

 

次に「2.My Account」を選択します。

 

 

2.Select 「3.Load Call Card」

 

 

3.Enter the 「10-digit」 call card number then 「6-digit PIN」

 

まずは、ロードの裏面に書かれている数字の最初の10個を入力します。

 

次に残りの6個を入力します。

 

 

4.A notification will be sent via text to confirm that the reload is successful.

 

ロードに成功すればすぐに「成功しました」というメッセージが届きます。

 

 

セブ滞在中に利用するWi-Fiのプランを選択する方法

 

SIMカードへ料金のチャージが終わったら、次はWi-Fiの利用設定をします。

 

Wi-Fiのプランはたくさんのパターンがありますが、おすすめはデータ容量の上限が2GBで1週間利用できるプラン「Gosakto90」です。

 

こちらのプランには、2GBまでYoutubeなどが見られるプロモーションも付いて来ますので、実質は合計4GBとかなりお得です。

 

それでは、プランの設定方法に進みましょう。

 

1.まずは「*143#」にダイヤルします。

最初の流れは全て「*143#」から始まりますので、画像は省略します。

 

2.次にリストの中から「1.GoSAKTO」を選択します。

 

 

3.リストの中から「2.Try GOSAKTO90」を選択します。

90という数字が90ペソということですので、チャージした料金から90ペソが引かれるということです。

 

他にも幾つかプランがありますが「GOSAKTO90」が一番コスパが良いですね。

 

もちろん、それぞれ選択してみればどういったプランか確認できますので、自分にあったプランを選べば良いでしょう。

 

4.リストの中から「1.Subscribe(申し込む)」を選択します。

 

 

これで、登録されればすぐに完了しましたというメッセージが届きますね。

 

 

これで、Wi-Fiの設定は完了ですので、セブで便利なWi-Fiライフを楽しんで下さい。

 

データ容量の残量をチェックする方法

 

Globeを利用する場合に注意することがあります。

 

それは、選択したプランのデータ容量を使い終わった際に来るメッセージを見逃すと、データプランではなく、チャージした料金からネットに接続してしまうのでかなりの損をしてしまうことです。

 

プランを利用せずにネットを接続してしまった場合は1回何かのサイトを見る度に1ペソ程度減ってしまいますので、あっという間にロードが無くなってしまうので注意しましょう。

 

ただ、Globeの場合は、残りが400MB程度になった頃にメッセージが届きますし、データの残量をチェックする方法もあります。

 

1.「*143#」にダイヤル

 

2.「2.My Account」を選択

 

3.「5.Mobile internet usage」を選択

 

 

4.「1.Check my mobile internet promo usage」を選択

 

 

5.「4.Total consumable mobile internet」を選択

 

 

ここまで終われば、残りのデータ残量がメッセージで届きますね。

 

少し手間が掛かりますが、気になる時にはチェックしてみると良いでしょう。

 

 

なお、画像では「Go watch and Play」の残量が6.29GBになっていますが、使用期限内で再度プランを選択していけば、容量は繰り越されて行きます。

 

私も何度かやっていますが、そこそこ溜まっていたのに忘れていて消えてしまうということもありますので、この辺も少し気にしておくと良いですね。

 

現地での滞在が長ければWi-Fiだけでなく、知り合った友人との電話などでロードが無くなっていくこともあり、残高が分からなくなる場合があります。

 

そういった場合にも「*143#」にダイヤルしてチェックすることができますよ。

 

現地SIMカードと電話番号があれば安心

 

現地SIMで電話番号があれば日本から緊急の電話を受けることも、掛けることもできるので安心ですね。

 

もちろん、国際電話は料金が高いので、Wi-Fiを利用してライン電話、スカイプ電話、Facebook電話などを利用すると良いでしょう。

 

また、セブでは観光地や繁華街を除けばタクシーのボッタクリに遭うことは中々ありませんが、Wi-Fiがあれば、現地でタクシーを利用する時に配車アプリを利用することも出来ますね。

 

ただ、あまり快適にWi-Fiが利用できると勉強時間を無駄にしてしまいますので、勉強すると決めた時間はWI-FiをOFFにしておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です