事前学習にはオンライン英会話がおすすめ・フィリピン留学と同じ内容

留学の事前学習はオンライン英会話がおすすめ

 

フィリピン留学される方の中にも、留学前にオンライン英会話を受講している方はそれなりにいます。

 

ただ、留学前にオンライン英会話を利用している方は、だいたいが少しは話せる方ばかりで、フィリピン留学で一番多いこれから英語を始める方のほとんどは事前学習にオンライン英会話を利用していません。

 

しかし、オンライン英会話ほど留学前に経験しておくと良いモノはありませんので、留学を決めたのであれば可能な限り、事前学習でオンライン英会話を利用することをおすすめします。

 

オンライン英会話で事前学習すればスムーズに留学をスタートできる

 

Aさん
事前学習でオンライン英会話と言っても、英語が出来ないから留学するんだから利用していなくて当たり前じゃないですか?

 

Macky
それも間違いありませんが、フィリピン留学をしても何かに特化している学校を除けば授業の内容は大差ありません。なので、フィリピン人の先生から受講した経験が有るか無いかで留学の最初の一歩が大きく変わります。

 

Aさん
え?留学してもオンラインでも授業の内容が大差ないなら留学する意味無いですよね?

 

Macky
その通りです(笑)

家に籠もってオンライン英会話を毎日6時間して、自習も同じ時間しっかりして、その生活を留学と同じ期間継続できるならそれで十分です。

 

Aさん
あぁ、受験で一流大学を目指すレベルの鋼の意思が無いと無理ですよね・・・

 

正直に言って、授業内容だけにフォーカスすれば、オリジナルの学習メソッドなどを確立している学校を除けばオンライン英会話とフィリピン留学の授業内容に大差が無いのは本当のことです。

 

オンライン英会話の先生はかなりの確率で、元々どこかの学校の先生だったり、昼は一般の学校で夜はオンラインでパートという先生ですので、先生のレベルも似たようなものです。

 

また、オンライン英会話で利用できる教材もフィリピン留学と同じような内容ですね。

 

言ってしまえば、語学学校よりも一部のオンライン英会話の方が日本人のニーズに合うように常に頑張ってオリジナルの教材を開発しているので評価を高くしても良い位です。

 

もちろん、ありふれた定番の教材でも使い方を工夫していれば問題ありません。

 

しかし、語学学校はネットで探せば無料で見つかる程度の教材を何のオリジナル性も無く、生徒さんが希望するからと行き当たりばったりで使っている学校もありますからね。

 

初心者の事前学習にオンライン英会話をおすすめする理由

 

まず、ここでオンライン英会話をおすすめする初心者の方というのは、最低でも中学3年間の文法を7割から8割は身に付けた人のことを指しています。

 

中学文法がまだという方は、まず最初にそこから始めるのが必須です。

【英語初心者の留学】事前学習しないことは留学失敗への大きな一歩

 

事前学習でフィリピン人の先生との英語の授業に慣れる

 

単純なことを言えば、フィリピン人の先生から事前にオンライン英会話で授業を受けて、どのような感じで授業が進むのか慣れることができます。

 

これは初心者だけではなく、留学もオンライン英会話も経験したことが無い人にはとても大きな違いになります。

 

何故かと言えば、通常フィリピン留学の授業ペースに慣れたり、生活環境に慣れるには1週間~2週間は必要です。

 

これが4週間留学であれば、1週間から2週間は慣れることだけに時間を費やすことになりますね。

 

また、1週間~2週間留学の方の場合は慣れた頃に留学が終わってしまします。

 

ですので、1週間~2週間留学の場合は本当に前もって準備をしておかないと「知らない間に終わってしまった」ということになります。

 

そこで、事前学習でオンライン英会話を利用して授業のペースを掴んでおけば、留学した際に2日~3日もあればペースをつかめるので大きく無駄を無くすことも可能という訳です。

 

慣れるまで1週間位は必要だろうと考えて留学すると思いますが、1日でも早く慣れた方が効率良く学習できることは間違い無いですね。

 

フィリピン留学でどんな授業が受けられるのかを知りたいのであれば、オンライン英会話ネイティブキャンプで、授業を受けてみるのも良いです。

 

ネイティブキャンプで教材を作っている一人は英語がペラペラの私の友人でもあるので、かなり本気で考えて教材が作られているのはよく聞いています。

 

ネイティブキャンプなら、カランメソッドも受けられますし、定額で授業が受け放題なので、時間を取れる人にはかなり便利なオンライン英会話です。

 

スピーキング系の学校ならオンライン英会話で事前学習

 

例えば、フィリピンにはスピーキングにカランメソッドを代表とするダイレクトメソッドを利用している学校があります。

 

私がご紹介している学校であればCAEA(カエア)も授業の多くがオリジナルのメソッドですし、IDEAやPacific Treeでも一部の授業でカランメソッドを利用しています。

 

セブの中で言えば「QQ English」「Nils」はカランメソッドの正式認定校ですし、「CEGA」ではDMEメソッドを利用して授業をしています。

 

これらの学校やダイレクトメソッドを使ったスピーキングの授業を受ける学校へ留学するのであれば、オンライン英会話で慣れておくことで初日から戸惑うことなく授業が受けられますので、大きなアドバンテージになります。

 

例えばQQ Englishでカランメソッドをするのであれば、渡航前にQQ Englishオンライン英会話を受ければ良いですよね。

 

留学しても、オンライン授業でもやっていることは同じなので、2つの違いは缶詰で一気に詰め込むか、時間を掛けてのんびりペースで学習するかだけの違いです。

 

他にも、DMEメソッドを提供しているCEGAで留学するのであれば、ISO認定オンライン英会話【イングリッシュベル】DMEメソッドで受けておけば良いですね。

 

ダイレクトメソッド系の授業はだいたいオンライン英会話の方がルールに沿って、しっかりと授業をしている場合が多いので、先生の裁量や生徒さんの希望で手法が変わってしまう現地の授業の方が楽に感じますね。

 

留学予定している学校でダイレクトメソッド系の授業を受けるなら、オンライン英会話での事前学習は本当におすすめです。

 

QQ Englishのカランメソッドの授業風景

 

こちらはQQ Englishのカランメソッドの紹介動画です。

 

 

本来のネイティブから受けるカランメソッドはもっと話すスピードが速いですが、フィリピン人の先生であればだいたいこの動画と速さは同じ位ですね。

 

慣れるまで多少時間が掛かりますが、10レッスンも受講すればペースには慣れてくると思います。

 

という事は、事前に10レッスンも受講しておけば、ダイレクトメソッド系の授業ならスタートからスムーズに留学を始めることができるということですね。

 

留学するまでアウトプットの練習をするのを待つ理由はない

 

英語を修得しようと思うのであれば、とにかくインプットとアウトプットの繰り返しです。

 

留学することを決めたのであれば、留学して学習するのを待つのではなく、どんどんオンライン英会話を利用して英語に慣れるようにしましょう。

 

英語を話せるようになる上で一番大事なことはトライ&エラーの繰り返しです。

 

たくさん話して、たくさん間違えて、恥をかいて。。。

 

これを繰り返さないと英語はいつまでたっても身に付きません。

 

事前学習でインプットは1人で出来ても、スピーキングやライティングでのアウトプットは話し相手とチェックしてくれる相手が居ないとできません。

 

留学に際して、出来る限りのことを事前にするのが少しでも効率よく留学するための大事なポイントですね。

 

また、留学は終わってからどうやって学習を続けるかが大事ですが、オンライン英会話に慣れておけば学習を継続しやすくなりますよ。

 

これからスピーキングの練習をしたい初心者にはダイレクトメソッドがオススメ

inquiry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です