フィリピンの情報

フィリピン留学におすすめの時期はいつ?【日本の夏より涼しい】

 

フィリピン留学を検討する際に、やはりおすすめの時期は気になると思います。

空いている時期が良い

たくさん人がいて出会いがある時期が良い

費用が安く済む時期が良い

旅行もできる時期が良い

などなど、人によってフィリピン留学に求めるモノも違いますしね。

今回は、フィリピン留学におすすめの時期はいつ?

ということについてまとめてみました。

セブは常夏ではない

セブは常夏のビーチリゾートと宣伝されているので年中暑いと思われがちですが、セブに関して言えば1年を通してそれほど暑い気候が続く訳ではありません。

むしろ、39度や40度に到達する日本の夏の方がセブより断然暑いです。

サマーシーズンにおいてもどれだけ気温が上がっても34度から35度程度で、体感だと暑い感じがしますが、日本の真夏のように日差しが痛いといったことはありません。

また、夜は26度から28度位まで気温が下がりますので日本のように熱帯夜で寝苦しいということも少なく、扇風機1台あれば十分に過ごせる程度です。

もちろん、狭い部屋に複数人で過ごす格安留学などであれば、部屋が扇風機だけで涼しいなんてことはあまりないかも知れませんが、一人部屋だと、夜間にエアコンを付けたまま寝てしまい冷えて風邪をひいたり、乾燥で喉をやられてしまうことは結構多いですからね。

12月から5月がフィリピン留学がおすすめの時期

12月から2月頃までは日本の初夏、3月から5月は真夏と言った感じです。

●12月から2月 昼28度から32度、夜24度~26度

●3月から5月  昼30度から35度 夜26度~28度

時期的に乾季になるので雨も少なく気候も安定しているので、一番フィリピンらしい時期ですね。

12月から1月はフィリピンを感じるのにおすすめの時期

中でも、私が個人的に一番良いと思う気候の時期は12月から3月初旬、特に12月から1月までの間ですね。

キリスト教徒の多いフィリピンでの最大行事であるクリスマス、年始のカウントダウンで上がる盛大なゲリラ花火、セブ最大のお祭りである「シノログフェスティバル」なども楽しむ事ができます。

しかし、なんと言っても12月から2月頃の日本の寒い時期を回避して、暖かい南国で過ごすのは最高ですよね。

それだけを目当てに、毎年1月から2月にセブへ戻ってくるリピーターの生徒さんもそれなりにいますよ。

ただし、12月はクリスマスや年末年始など祝祭日が多いので、1分1秒無駄にせず英語学習を本気で頑張りたい人は避けた方が良いとも言えます。

3月から5月初旬がフィリピンの海が一番綺麗な時期

天気も快晴な日が続き、海も穏やかな上に透明度も上がりますのでビーチリゾートを楽しむのに良い時期です。

セブ島など各地のリゾートへ来る観光客も多く、ボホール島などに日帰り観光をするにも最適な時期です。

留学中に綺麗な海も期待している人はこの時期を選ぶのが一番良いですね。

ただし、セブはリゾート留学ではないので、そこは下記の記事をご参考にして下さい。

セブってビーチリゾート留学じゃないの?【騙された人続出!?】

フィリピン留学で学生が増える時期

2月下旬から3月、7月下旬から9月中旬まで、は日本で学校が長期休暇に入るために学生の留学生が増える時期になります。

社会人やシニアの方にとってはかなり騒がしくなりますが、その時期さえ外せば比較的静かで落ち着いた環境で過ごすことができます。

もちろん、ホテル滞在型やコンドミニアム滞在型の学校を選べば、学生が多い時期でも騒々しいということはありませんので、社会人の方などは特に2月下旬から3月、7月下旬から9月中旬は避けると良いですね。

雨季も人によっては良い時期

6月から11月はフィリピンの雨季になりますので、海や観光も目的としている人は避けた方が良いですね。

しかし、最近は日本も異常に暑かったりしますので、雨季で気温が低いフィリピンの方が快適という人もいます。

フィリピンの雨季は、日本の梅雨と違って一日中シトシト雨が降るようなことはあまりなく、1日の内に2度、3度短時間降る雨ですので、それほど憂鬱になることもありませんね。

ただし、雨季は虫が増えるので、少しでも虫を避けたい人はあまりおすすめできません。

10月から12月初旬は台風の時期

私がセブに関わり始めてから何度か大型台風が来ると身構えたことがありますが、今の所はセブ市内に直撃ということは一度も経験していません。

しかし、直撃していなくても台風がセブの北端や南端をかすっただけで、簡単に停電は起こりますね。

しっかりとジェネレーターなどで電気のバックアップが有れば良いですが、無い場合は数時間停電程度のことは1年に数回起こります。

どこでもジェネレーターを設置出来るわけではないので、こればかりは、当たった時は運が悪かったと諦めるしかないですね。

一番おすすめしない時期は7月中旬から9月初旬

個人的に社会人やシニアの方の留学に一番おすすめしないのは日本の夏休みに重なる時期です。

若い人に囲まれたい!

子供大好き!

人が多くて騒がしければ騒がしいほど楽しい!

そんな方には絶好の時期なんですけどね笑

季節がどうこうよりも、若い学生が増えすぎて学校が騒々しくてしかたありません。

特に韓国系でキッズキャンプなどを開催している学校だとそれはそれはもう・・・。

授業中に奇声が聞こえてきたり、授業中に子供がはしゃぎまわるなんてことも起きたりします。

学習スペースを大人と子供で分けている学校なら良いですけど、なかなかそうは行きませんしね。

もちろん、ホテル滞在やコンドミニアム滞在の学校を選べば、格安料金を設定している大規模校のように若い人が多すぎるといったことにはなりませんけどね。

ピークシーズンは避けたほうが良い

日本はまだまだ休日を柔軟に取ることができないので仕事をしている方は難しいかも知れませんが、フィリピン留学のピークシーズンに当たる時期は避けた方が良いです。

これは若い学生が増えて騒々しいということだけでなく以下のようなことがあります。

学校側も忙しくなり一人に掛けられる時間が減る

簡単なことですが、定員50名で2名の日本人スタッフが50人の生徒をケアするのと、20名の生徒をケアするのとでは1人に掛けられる時間の余裕が全く違います。

余裕があるときであれば積極的に留学生に話しかけて色々とアドバイスをしたりもできますが、忙しい時は雑談をしている暇も無くなってしまいます。

それなら、そうならないようにスタッフを入れれば良いということになるのですが、フィリピン留学は留学生の数に波があるので暇な時に正社員の先生だけでなく、さらに給料の高い日本人を余るほどキープしておくのも難しいのが悩みどころです。

そんな理由から、フィリピン留学には給料無しのインターンスタッフで間に合わせている学校も多いですね。

私の場合はしっかりと学校の方針や授業内容ついて、本質から理解できていないスタッフに留学生のケアはさせたくなかったですので、ほとんどインターンを活用したことがありませんでしたね。

毎日フルスケジュールだと先生に余裕が無くなる

ピークシーズンで1日8時間授業が詰まっていると、それこそ先生は毎日ぐったりと疲れ果ててしまいます。

1日8時間働くことなんて当たり前じゃない?

と感じるかも知れませんが、これは授業として人に何か教えたりすることをした経験が無いと分かりにくいかも知れません。

私もあるスポーツで6年ほどインストラクターをしていましたが、グループで教えている時はまだ楽なんですが、マンツーマンになると気を抜く時間がほとんど無いので非常に疲れます。

マンツーマンで人に何かを教えるということは、本当にその生徒に気力を奪われるような疲れを感じるんですよね。

また、教材を使った定番の授業などであれば常日頃の経験があるので、授業前に時間を掛けて準備をする必要もなく授業に入れるのでまだ大丈夫ですが、カスタマイズしているような授業だと先生もその都度準備をしないといけませんので、ピークになると先生も大変です。

フィリピンは日本と違って、残業して次の日の準備をするなんてことはありませんし、家に仕事持ち帰って準備をするなどということも、極々一部の人を除いてありえません。

日本人の場合は仕事に見合うであろう給料を貰っているのでやって当たり前という認識かも知れませんが、フィリピンのような月に3万円から4万円の給料しか貰ってないのにそこまで魂を削って働く訳がありません。

たとえそれが10万円になったとしても、フィリピンの人達は仕事に生活を捧げるようなことはしませんけどね。

ですので、先生も忙し過ぎない時期の方がじっくりと色々準備ができますし、心の余裕があるので、毎日の授業もより楽しく、質の高い授業を受け易くなるのが現実です。

まとめ

正直に言えば、おすすめの時期は、学生、社会人、シニアなど、人それぞれになってしまうので、難しいところです。

一般的には、フィリピン留学に一番おすすめの時期は12月から5月。

そのうちでも最も良いのが12月から3月初旬ですね。

じっくりと余裕を持って留学したい方は、気候やイベントが多い少ないではなく、可能な限りピークシーズンは避けて、留学生が少なめの時期を狙うことをおすすめします!

閑散期については詳しくはこちらの記事をご覧ください。
閑散期のフィリピン留学をおすすめする3つの理由

フィリピンの気候をもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。
セブの気候は乾季と雨季だけじゃない【フィリピンの話】

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。