フィリピンの話

留学するならフィリピンの文化・特徴・物の考え方を知りましょう

 

フィリピン留学に来るのであれば、その国の文化や特徴、考え方などを勉強しておくこともコミュニケーションを深めるのに大事なことです。

私達日本人が外国人に日本語で話しかけられたら「日本に興味あるんだ」と少し嬉しくなるのと同じで、フィリピンの人達も自国について興味を持ってもらえると嬉しいものですからね。

という訳で、今回はフィリピン人の良いところ、悪いところなど特徴についてお話したいと思います。

当然ですが、フィリピン人なら誰でも同じということではありませんし、あくまで人にもよるということを前提におおざっぱなイメージでとらえて下さい。

個人的には、大半の人に当てはまるとは思っていますが。

家族思いが凄い

フィリピンの人達の家族愛は本当にすごいです。

日本人も家族愛がない訳ではありませんが、大半の人と比較にならないレベルで凄いです。

本当に、日本人の感覚では考えられないレベルで何を置いても家族優先です。

家族の誰かが誕生日なら仕事を休むなんてことは当たり前。

仕事が忙しく、家族の時間が取れないのであれば仕事を辞めることも当たり前です。

例えば、フィリピンはOFWと言って「Overseas Filipino Worker」(海外出稼ぎ労働者)が多い国でもあります。

そういった出稼ぎ労働者が外国行って稼いだお金をフィリピンの家族へ仕送りをする訳ですが、その送金額だけでもフィリピンの国家予算に匹敵する額が送金されています。

そして、その送金している本人は、自分が生活できる分以外のすべてをフィリピンの家族に送るのでとても質素な暮らしをしているのですが、家族が幸せになるのであればと本人も幸せを感じているんですよね。

そこまで聞くと良い話のようなのですが、結構な割合でフィリピンの家族はそのお金でプチ成金となって豪遊してたりするので困ったものです。

自分が身を粉にして働いて送金したお金がフィリピンに帰ったら一円も残っていないなんて
良くある話ですが、それでもまた懲りずに送金するのが凄いんですけどね。

また、子供の誕生日は一大イベントですので、借金をしてでもパーティを開いて人をもてなしたりもする程の見栄っ張りだったりもします。

とにかく明るくて陽気

これはフィリピン留学をした人達の多くが口にすることです。

ショッピングモールのカラオケ機材を売っているところでは、常に店員がカラオケをしていますし、うまい店員が歌えば周りも盛り上がっています。

パーティなどでゲームをする時は、幼稚園児がするようなゲームでも全力ですし、本当になんでも楽しそうにします。

若いフィリピン人の友達と大勢でご飯を食べに行ったりすると、合コンのようなゲームが始まる時があるのですが、罰ゲームで「女性店員の電話番号を聞いてくること」などがあります。

しかし、これも聞きに行くと非常にあっさりと教えてくれるのでびっくりしますよ笑

また社交的なので、誰に話し掛けてもすぐに打ち解けてしまいますね。

道端でスマホを使って自撮りをしている時に後ろに誰か通ったら「写真写真」と声を掛けるだけで一緒に写ってワイワイと楽しむことが簡単にできますよ。

写りが悪かったら「もう一回」と言われますけどね。

注意!
フィリピンの人たちは知らない外国人に積極的に話しかけてくることはほとんどありません。
向こうから話しかけられて、誘われたりした時は裏があると考えて間違いありませんので、最大限の注意が必要です。

素直さ・単純なことに大きく喜んでくれるところ

これは良いところか悪いところか分かりませんが、すぐにバレそうな小学生レベルの嘘でも素直に信じてしまいます。

なので、ちょっと冗談で子供のような嘘をつく場合にも、明らかにバレやすく言わないと信じたままになって、後々トラブルになることもあります。

また、笑いの沸点が低いので、日本人に言ったらバカにされるような親父ギャグや控えめな下ネタでも本気で喜んでくれるので、例え英語でも会話を続けることが非常に簡単ですね。

特に、一緒に仕事をしている従業員には、定期的にお菓子や食事などをあげることで、ガッチリと心を掴むことができてしまいますので、特にセブの人と一緒に働く時は重要なポイントです。

ただ、下手に慣れてくると「お土産無いの?何しに来たの?」と言われます。

Facebookやソーシャルメディアが大好き

フィリピンのソーシャルメディア利用率は世界1位、2位と言われています。

2017年に40カ国を対象に行われたインターネット利用率の調査では、日本が1日48分で最低の利用率だったのに対して、なんとフィリピンは1日9時間29分で世界1位の数字だったそうです。

その他の利用率が高い国でブラジル、インドネシア、アルゼンチンなどが3時間30分程度なので、どれだけ利用率が高いか分かると思います。

フィリピン留学するのであればFacebookかInstagramのどちらかを持って先生と友達になっておけば、卒業後もメッセージのやり取りで英語を使うことができるのでオススメです。

もちろん、留学中にメッセージのやり取りが出来るくらいに仲良くならないといけませんけどね。

英語の能力が高い

やはり、英語が公用語になっているだけあって英語力は本当に高いです。

世界中からコールセンター業務を依頼されているほどですから、ビジネスレベルの英語力がある人もたくさんいます。

また、都市部であればしっかりとした教育を受けていない層の人達でも話すのはダメでも最低限の英語は聞き取り、たどたどしくても英語で返してくれますので、フィリピンで生活する上で最低限の英語さえ話せれば困ることは少ないです。

ただ、一般の人達は学校の先生のように日本人の発音に慣れていないので、カタカナ発音の場合は通じません。

「一般のフィリピン人は全然通じないからダメだ。」

と文句を言っている方の中には、自分の発音に問題がある方も少なくありません。

ホテルのスタッフに英語で何か要望した人から「ここのホテルスタッフ全然英語通じないんで間に入って下さい」と言われて、何があったかホテルスタッフに聞いてみると「あの人何を言ってるのか全然わかんない」ということもよくありました。

計算に弱い人が多い

一流と言われる大学を出ていても計算が非常に弱いです。

大人でも九九や2桁以上のちょっとした暗算は怪しい人の方が多いくらいですね。

ちなみに、経理でも数字に強いわけではないので最低でも担当者、担当者2、管理者、責任者の4段階に分けてチェックをしないと、安心して任せられません。

ただし、彼らは仕事の終わり時間の計算などになると凄まじく早いです。

一度、24時まで営業しているマッサージ屋さんに22時10分に入店して90分コースをお願いしたら、レジスタッフとマッサージスタッフ2名が指で数えて相談の結果「24時までに終わらないからダメ」と言われ一緒に計算したことがあります。

私は「いやいや、今からだったら遅くても23時50分には終わるよ」と伝えました。

すると「23時50分に終わったら24時に帰れないからダメ」と言うのです。

私も忘れていたのですが、フィリピンで24時閉店というと24時にお店を閉めるのではなくて、24時にすべて終わって帰れないとダメなんですね。

そういった計算の速さにはびっくりします。

お金や生活に計画性が無い

フィリピンの給料日は基本的に2回あります。

どうしてかというと、1回の給料にしてしまうと1ヶ月経たない間に使い切ってしまうからです。

しかし、月2回の給料日でも、もらった翌日には所持金が半分になっているなんてことも珍しくありません。

基本的に貯蓄という概念が無いも同然ですので、銀行口座を持っている人も少ないですね。

特に家族を支えている独身の人達は、給料日の2~3日前にはお金が無くなってしまい街中のいたるところにある質屋さんに駆け込む人も少なくありません。

なので、一昔前のフィリピン留学では先生が生徒からお金を借りるなんてことが頻発していましたが、最近ではよほど先生の管理がずさんな学校に行った生徒さんからしか聞きませんね。

ちなみに、私の場合は付き合いが長い人にはあげるつもりで貸します。

幸い貸したお金が返って来ないことは今まで一度もありませんが「来月の給料で返す」ということは、6ヶ月後に返ってくれば早かった方ですね。

だいたい、返すと約束した頃になると誰かが入院するのですが、さすがに私もそれを真に受けるほど純粋ではありません笑

そんなことは、突然学校を休んだ先生がいつも使う手ですしね。

報告、連絡、相談ができない

一般的に言う「ホウレンソウ」ですね。

主に勤怠に関することですが、問題は遅刻や欠勤する際に一言連絡を入れてくれば良いのですが、そういった報告を事前にする人が非常に少ないと言うことですね。

これは、大学で教育を受けた先生レベルでもして来る人は少なく、そういった教育をしても根付きません。

こちらとしては連絡さえしてくれれば解雇したくないのに、何度も繰り返すので仕方なく解雇するということもありますね。

また、先生達などであればなんとか大丈夫なんですが、一般の業者レベルになるとものすごいです笑

今向かってる詐欺
約束の時間に来ないので「今どこにいる?」と聞いても「向かってる」としか言いません。
30分待っても来ないのでもう一度連絡すると「向かってる」と同じ返事をしてきます。
「向かってるじゃなくて、どこにいる?」と聞いたら「今日はトラブルで無理になったからまた明日行く」などが頻繁に起こりますね。

間違いなく、向かってもおらず、めんどくさくなったことが簡単に推測できるパターンです笑

そんな業者にはもうこなくて良いと言うのですが、そんな業者が多すぎて、あまり強気でいくと頼む人が居なくなってしまうのが困りものです(泣)

ただ、時間にルーズなことに関しては、一概にそうとは言い切れません。

住めば分かりますが、日本と違い時間に正確な公共交通機関も無いですし、道路などのインフラも本当に酷いです。

セブでの生活に慣れていても時間通りに動くことは結構難しいので、ルーズと一括りにするのは安易かも知れません。

最後に。ここはフィリピンということを忘れないで下さい

他にもたくさんの良い面、悪い面がありますが、どうしても悪い面を見てしまいがちです。

しかし、ここはフィリピンであり、私たち外国人はフィリピンにお邪魔させてもらっている立場であることを忘れてはいけません。

フィリピンの人達からすれば「私達と付き合うことがストレスなら自分の国に帰れば?呼んでないのに勝手に私たちの国に来て何言ってるの?」というだけの話です。

彼らには彼らの習慣と時間の流れがあり、こちらがそれに合わせるのも大事なことです。

残念ながら日本人はアジアの人にはかなりの上から目線なので、日本人と比べてレベルが低いなどと見下すことの無いように、こちらも注意しないといけませんね。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。