フィリピン留学は電気代ってどうなってるの?

フィリピン留学の電気代

 

フィリピン留学で掛かる費用の中に電気代が別途必要になる学校は多いです。

 

何故かと言えば、フィリピンは日本と比べても電気代が高いからです。

 

そこで、フィリピン留学で必要になる電気代がどれくらいかご紹介しましょう。

 

フィリピン留学で必要な電気代

 

まず、フィリピン留学にある学校では「電気代が不要な学校」と「電気代が別途」の学校に別れます。

 

電気代が不要な学校はホテル滞在型が一般的で、必要な学校はそれ以外ほとんどと思って良いでしょう。

 

もちろん、ホテルでも電気代が別途必要な学校もあります。

 

■料金例

●コンドミニアム滞在A校の場合
・1人部屋:500ペソ/週
・複数人部屋:300ペソ/週/一人メーターで利用分を計算して、超過分は追加でお支払い。
利用分が少ない場合は返金。

 

●ホテル滞在B校の場合
・ホテル一部屋:250ペソ/週固定費として徴収で返金は無し。
ただし、超過分は追加でお支払い。

 

●学校寮滞在C校の場合
・メーター利用分で実費 1kw=15ペソ

 

以上のような支払いが一般的ですね。

 

フィリピンの電気代ってどれくらい?

 

電気代は日本と同じで家庭用、事務所用、工場用などで料金が変わりますが、セブで1kwを利用した場合の料金は13ペソ~15ペソ程です。

 

だいたい一般的な学校に設置されている窓に嵌め込むタイプのクーラーを60分程度利用した場合の使用量が1kwですね。

 

ですので、1日8時間利用すると15ペソ×8時間=120ペソ必要になります。

 

4週間の滞在で毎日8時間利用していると120ペソ×27日=3240ペソ(約6,800円)ですので、結構な料金になってしまいます。

 

基本的には学校の電気代というのは、エアコン代のみに掛かることが多いので、エアコンを使わずに過ごせば無駄な費用を抑えることができます。

 

そのため、複数人部屋などでは「エアコンを使いたい人」「電気代のために我慢したい人」で我慢を強いられる人が不満を持つことも少なくありません。

 

ホテル滞在系の場合、基本料金が高いこともあり電気代は含まれているのが一般的です。

 

生徒さんの中には部屋にいる間はずっとエアコンを点けっぱなしという方も多いですね。

 

ホテルの場合は、電気代が凄いことになりますので、そういった料金も留学費用には含まれていると考えて良いでしょう。