【シニア留学の注意点】英語ではなく留学が目的ならハワイの方がいい

シニアの方で英語の修得が留学の目的じゃないならフィリピン留学はオススメしません。

私は、フィリピン留学のエージェントをしています。

当然ながら、手を変え品を変えてフィリピン留学をオススメしないと売上が立ちません。

しかし、正直に言いますと・・・

海外に留学してみたいこと、海外での生活を楽しみたいことなどが目的で、英語の修得が留学の最大の目的でないなら他国への留学の方が絶対にオススメです。

 

海やリゾートメインならハワイ留学やマルタ留学

海とリゾートで人気のマルタ留学

ハワイで短期留学しようものなら温暖な気候で、綺麗な海が広がっていますし、日本人向けのサービスがたくさんあるので生活に困ることもありません。

リゾートで有名なマルタでは海だけでなく、自然やマルタの文化遺産なども楽しめます。

●ハワイでシニア向けの留学費用
・1日3時間のグループ授業で1ヶ月45万から60万(航空券など含む)
・プライベートレッスンは1週間10レッスンで15万~20万

自然溢れる街でゆっくりすることがメインならニュージーランド留学

自然溢れるニュージーランドでのんびりと留学

一生懸命働き続けた日本から離れて、大自然に囲まれてのんびり過ごしたいならニュージーランドですね。
落ち着いた環境で過ごしたいシニア留学にはピッタリでしょう。

●ニュージーランドでシニア向けの留学費用
・1日3時間のグループ授業で1ヶ月40万から60万(航空券など含む)
・プライベートレッスンは1週間10レッスンで15万~20万

芸術や歴史に触れながら優雅な生活がメインならイギリス留学

イギリス留学で贅沢な時間を過ごす

午前中は英語の勉強をして、午後は博物館、美術館や歴史のある建造物など、紅茶でも飲みながらゆったりした時間を過ごしたい方には夢のような時間を過ごせることでしょう。

これらの国へ行けばネイティブから英語を学ぶことも出来ますから、先生の英語力を心配する必要もありません。

治安がどうとか、虫が出る出ないとか、汚いとかそんな心配も不要です。

●イギリスでシニア向けの留学費用
・1日3時間のグループ授業で1ヶ月35万から50万(航空券など含む)
・プライベートレッスンは1週間15レッスンで8万~10万

英語力を伸ばすことが目的の人は絶対にフィリピン留学

英語の習得がメインで、英語が話せない初級者、中級者はフィリピン留学を強くお勧めします。

他にもこんな方にお勧めです。

・余裕と言える程の資金は無いが寮のような環境よりホテル滞在が良い。

・海外初心者なので、あまり遠い所に行くのは不安。

・日本人スタッフが現地にいて色々対応してくれると安心。

・適度に娯楽もあって、近場に手頃なリゾートがあると良い。

・日本と変わらない高くて綺麗な国よりも発展途上国の雑多な感じの方が興味がある。

そんな方はフィリピン留学をお勧めします。

特に会話ができるレベルではない初心者がグループクラスばかりのネイティブ圏に留学したところで、何も得られずに終わることは目に見えていますので本当に止めた方が良いですね。

真剣に英語を勉強したい人ほど最初からネイティブ圏に行って後悔している率が高いです。

●フィリピンでシニア向けの留学費用
・1ヶ月35万から40万(航空券など含む)
・授業は全てプライベートレッスンで1週間平均30レッスン

日本とフィリピンを比較してはいけない

フィリピン留学を選ぶのであれば、下記のようなことは忘れてはいけません。

・感覚的に日本と比べれば30年から40年は遅れている発展途上国である。

・どれだけ綺麗にしている部屋でもゴキブリや虫は日本に比べ出る確率が断然高い。

・犬の遠吠えやニワトリが早朝4時、5時からけたたましく鳴くことはフィリピンでは当たり前。

・道路には信号も少なく、交通マナーも無く、日本のように歩きやすい道ではない。

・留学生が被害にあう軽犯罪は多い。※ただし、大半は本人の不注意から起きています。


特に日本人が注意した方が良いのは、日本の基準を海外に持ち込まないことです。

お客様は神様で、店員やスタッフなら誰でも笑顔で親切にしてくれるようなサービスは日本だけです。

お店に入ると「いらっしゃいませ」

少しも待たせていないのに「おまたせしました」

買い物をしたら「ありがとうございます」

不手際があれば「申し訳ありません」

このような対応をするのは世界でも日本だけですし、このようなレベルでサービスが受けられるのは海外ではお金持ちしかいかない超高級店くらいです。

日本人経営のお店の中には、そういった挨拶程度はするところがありますが、日本ではそうだから言えと言われて言っているだけです。

しかも、基本的に海外では何かトラブルがあっても「謝ってはいけない」ということが当たり前です。

明らかに自分が悪くても簡単に謝らないですし、どうせなら責任転嫁して開き直ってきます。

フィリピン人もそういった体質がありますので、私自身も殺意を覚えるようなことは日々あります(笑)

お客様体質でクレームが多い日本人

また、日本人は話し声も騒々しくないし、部屋を貸すホテルからしても部屋をキレイに使うので好感が持たれています。

しかし、その反面で、クレームが多い面倒な客としても知られています。

「部屋に窓がないから変えて」

「上の音や外の音がうるさい」

「部屋に虫が出るからどうにかして」

「日本語使えるスタッフはいないのか」

「もう20分も待っているけど、まだ何も出てこない」

「料理がバラバラに出てくるのは嫌だから、すべて同時に持ってきて」

など「フィリピンではだからどうしたの?」と言われるようなことを当たり前のように要求するからです。

日本のサービスレベルに誇りを持つことは良いですが、それを当たり前のように他国に行って要求するのは、他国の人からすればバカにされている気分になり、日本人の評価を下げるだけです。

また、残念ながら多くの日本人は片言でも英語が通じる東南アジア圏ではそういった態度を取りますが、欧米では英語が話せないので萎縮して何も言いません。

日本レベルの対応は無いと理解してから留学する

これから留学する方や海外での生活を考えている方は、日本の当たり前の基準がどれほど高いものなのかを理解しておいて欲しいですね。

フィリピン留学の日本人が運営している学校で、日本人向けに作り込まれた学校でも、実際に働いている多くの人はフィリピン人ですので無理なものは無理です。

学校やエージェントが日本人経営なので日本人のサービスと誇張するのが良くないのも皆さんに期待させすぎる悪い点ですけどね。

もちろん、だからといって泣き寝入りして下さいとは言いませんが、日系の学校なんだから日本のサービスで当たり前だろう!

と、思う方はフィリピン留学は絶対に止めておいた方が良いです。

私としても可能な限りご希望と目的に沿った学校をオススメします。

しかし、例えば虫が出ない学校とご希望されても、それは100%無理ですし、日本レベルのサービス精神を持っている学校と言われても心当たりがありません。

施設で言えば、ある生徒さんが12週間留学してゴキブリを一度も見なかったことを気に入って、リピートして戻ってきたら、初日で出会ってしまったという話もありますしね。

虫だけじゃないですが、フィリピン留学での学校選びは、譲れないこと、諦めることの取捨選択が重要ですし、諦めたのであればそれについて「何も言わない考えない!」ということも留学中は精神衛生上で大事ですね。

 

フィリピン留学の語学学校で5年間マネージャーを務めた私がサポートします!

inquiry