50代からの留学

50代以上でも英語を効率よく覚える方法は反復練習と感情を込める事

 

50代やシニアの方だけでなく、留学生の皆さんの多くが効率の良い学習方法を求めていますが、英語を効率よく記憶に定着させる一番の方法は徹底的な反復練習と感情を込めて英語を話す練習をすることです。

反復練習については、何度も書いていますので、今回は感情の込めて英語を話す練習についての内容です。

シニア留学の方だけでなく、50代以上の方が良くお話されるフレーズがあります。

「もう歳だから記憶力が低下して聞いたそばから忘れちゃって、何回聞いても英語が覚えられない。」

50代の人はまだまだ40なんだから大丈夫、50越えると急に覚えられなくなるよ!

60代の人は・・・

70代の人は・・・

と、皆さんそれぞれが年下の生徒さんを捕まえては同じような話をしています(笑)

しかし!

「脳は歳を取ったから記憶力が悪くなるということは無い」

ということが最新の研究で発表されているそうです。

「トシだから忘れる」は大人の先入観。
人の名前を思い出せなかったり、何をしようとしていたのか忘れてしまったり。そんな経験は誰にでもあるものですが、それを「トシのせい」で片づけていませんか? 実は「年齢を重ねても、記憶力は低下しない」ことが、最新の研究でわかってきました。
引用:

「覚えられない」は年齢のせいじゃない!記憶力の真実より

50代以上でも感情を込めることで効率よく英語が覚えられる

感情を込めて話せば効率よく英語が覚えられるとはどういうことかといえば、まず、大人も子供も必要ない情報や更新されない情報は忘れてしまうのは同じなんです。

しかし

「子供の感覚での6ヶ月前は、大人にとっては最近のこと」

という時間の感覚に差があるために、大人はそんな最近の話も思い出せないと老化を感じるのだそうです。

また、大人は子供に比べて

「楽しいことがあった、嫌なことがあった」

などと、毎日何かで感情に刺激を受けるような生活ではありません。

大人はとにかく生活を乱さないように一定した生活を送ろうとするために「特別ではないことや日常のことを覚えようとしていないだけ」なのに思い出そうとしたら思い出せないと考えてしまうそうです。

要は、元から覚えようとしていないことは思い出せなくて当たり前なのに、思い出せないから記憶力が落ちていると思い込んでしまうということですね。

言われてみれば、10年前の楽しかった海外旅行や20年前の嫌な思い出は、覚えようとしていないのにいつまでも記憶に残っています。

これと同じで、3日前に食べた夜ご飯の内容は覚えていませんが、去年旅行先で食べた美味しい外食の内容は覚えていますよね。

こういうように、何かを覚えるには感情などに刺激を与えることが重要で、何歳になっても常にチャレンジし、新しいことを学ぶことで脳が活性化されて記憶力や集中力が上がるそうです。

ちょっとしたことでも反復すると記憶に残る

私も英語についてちょっとしたことで忘れなくなる経験がそれなりにあります。

例えば私が超初心者で留学していた時に友達が

「exaggeration」

という誇張、大げさという単語を練習していました。

そして、私は

「なんだかややこしい単語覚えてるな。エグザジュレーション?発音できない」

と言いながら何度も真似をしましたが、自分のレベルでそんなややこしい英語使うこと無いからと気にしていませんでした。

すると、その夜に見た映画でなんと

「It’s not exaggeration.」

というセリフが偶然出てきたんです。

たったそれだけで「exaggeration」は2度と忘れない単語になりました。

他にも、裁判の映画の中で「Court is adjourned.」というセリフがあったのでなんだろうと思い「adjourned(閉廷・休会・散開)」の意味を調べました。

一応意味は調べた物の、特に覚える気も無かったのですが、せっかく調べたので何度か発音の練習をして終わりといった感じだったのですが、次の日のミーティングで先生が「This meeting is adjourned.」と冗談半分で言ったのを聞いて、また忘れない単語が増えましたね。

反復練習する時でも感情を込めて練習する

このように、何かのきっかけで刺激を受けると覚えやすくなるということがあるので、利用しない手はありません。

どう利用するかと言えば、普段から練習する時は感情も込めながら何度も反復練習することです。

●感情を込める

●イメージをする

●動作を入れてみる

ただ単調に毎日同じように同じ授業を受けて覚えようとしているだけでは、刺激が無いので覚えることが難しくて当然です。

しかし、何度練習しても身に付かない文章も、もっと感情を込めて練習してみたり、身振り手振りや動作も交えてみたり、もっと積極的に楽しんでするということで、身に付きやすくなる可能性が高まることは間違いありません。

一番良い方法は、今日学んだ英語は無理矢理にでも誰かに使うようにすれば、緊張、刺激、恥、達成感などの感情が記憶に作用して、その英語を記憶に定着させてくれる可能性が高まるということですね。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。