エアアジアが大阪からマニラ便を就航・日中なので便利

エアアジアが大阪ーマニラ線を就航

 

2019年7月1日からエアアジアが大阪ーマニラ線の就航を発表しました。

 

これまで、格安航空のセブパシフィックを利用してセブへ行ける飛行機は東京からのみとなっていて、大阪、福岡、名古屋からのセブパシフィックはマニラ経由しかありませんでした。

 

大阪からマニラ行きはジェットスターもありますが、こちらも深夜便ですし、ジェットスターでは30日以内にフィリピンから出国するチケットを所持していないと搭乗拒否される可能性もあるので、4週間以上の留学では利用し辛い面がありました。

 

そして、マニラ経由のセブパシフィックは深夜便になるためにフィリピンが初めての人には利用し辛いく、多くの人が仕方なく航空券が高いフィリピンエアーを利用していましたね。

 

しかし、エアアジアの大阪ーマニラ便が日中の移動になるので、関西空港を利用する人はマニラやセブへの移動が安く楽にできるようになりますよ。

 

ただし、現段階では就航していないので情報がありませんが、エアアジアも30日以内のフィリピン出国チケットを持っていないと搭乗拒否される可能性もあるので、その点がはっきりするまでは4週間以上の留学の場合は利用を控えた方が良いでしょう。

 

エアアジア・大阪ーマニラの運行時間

 

●2019年7月1日より毎日運行

●13:50大阪発 ー 16:55マニラ着

●08:30マニラ発 ー 13:15大阪着

 

この時間であれば、日中の時間帯なので今後はマニラ経由でのセブ島行きも楽になります。

 

大阪からの出発時間も昼過ぎなので、空港までの移動も楽で良いですね。

 

16:55にマニラに到着して3時間程余裕を見て、20:00前後発のセブ行きにしておけば余裕を持って日曜日の内にセブにある学校に到着できます。

 

ただ、帰国便は深夜にマニラへ移動になるので少し大変です。

 

早く帰らなければ行けない理由がないのであれば、帰りはセブパシフィックを利用すれば良いでしょう。

 

●セブパシフィック 14:55 マニラ発 ー 20:05大阪着

 

往復で同じ航空会社を利用しないといけないという規則は無いですからね。

 

チケットをバラバラで購入しないといけないので少し手間が掛かりますが、大阪からの航空券を少しでも安く済ませたい方は、検討されても良いと思いますよ。

 

エアアジア・大阪-マニラ線の到着はターミナル3

 

エアアジアを利用して大阪からマニラへ行く場合に、マニラ空港で到着するのはターミナル3になります。

 

ターミナル3はマニラ空港の中では一番安全なターミナルですね。

 

注意しないといけないのは、マニラ経由でセブへ移動する際には必ずセブパシフィックを利用することです。

 

エアアジアを利用するからと言って、マニラからセブの国内線もエアアジアを利用すると、マニラ空港でターミナル3からターミナル4へ移動する羽目になります。

 

日中の移動なので問題ないと言っても、ターミナル4は工場の倉庫を改造したようなレベルのターミナルで、ゆっくりと過ごすことはできませんので避けた方が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です