セブ観光の穴場スポット!オスメニアピーク【フィリピン留学で旅行】

セブのオスメニアピーク

セブの日帰り旅行スポットと言えば海が中心ですし間違いなく留学生や観光客には「オスロブでのジンベイザメツアー」が一番人気です。

しかし、セブにも山はあって山好きのフィリピン人がたくさん訪れる場所があります!

それがセブの南部にある「オスメニアピーク(Osmeña Peak)」です。

オスメニアピーク

オスメニアピークの標高1013mと高くはありませんが、セブでは一番高い山で、ボホール島のチョコレートヒルに似た景観を見ることができます。

セブ市内からは、車で約3時間30ぷん程で2通りのアクセス方法があります。

1,ローカルバスとハバルハバル(バイクタクシー)で移動
2,10人程乗れるバンをレンタルして移動

10人ほど人数がいるのであればバンをレンタルしても、ローカル手段と料金は変わらないのでバンが楽ですね。

しかし、そんな殿様旅行では何も面白くないので今回はローカル手段で移動しています笑

ただし!
先生が「バン借りれるから任せて」と全部任せたらこんなことになる可能性もあるので注意しましょう!

これはバンとは言わない

これはこれで面白いですけどね笑

オスメニアピークの場所はこちら。

オスメニアピークへのアクセス方法

1,サウスバスターミナルからオスロブまたはリロアン行きのバスに乗る110ペソ程

2,運転手か集金の添乗員に「 Dalaguete junction for Osmena Peak」で降りたいと伝える

3,Dalaguete junctionで降りたらハバルハバル(バイクタクシー)を捕まえて、オスメニアピークの登山口にある受付けまで連れて行ってもらいましょう。 
ハバルハバルの費用は1名100ペソでバイクは1台2名または3名。1名の場合は200ペソ。
だいたい45分から60分程乗るので結構長いですが、ローカルの景色を楽しんで下さい。

ハバルハバルでオスメニアピークへ

4,登山口で料金を支払う。
登山料は1名30ペソ。
ガイド代は不明確なので100ペソ~150ペソ。

正直に言えば迷うことのない小さな山なのでガイドは不要ですが、日本人だけで行くなら地元の方の稼ぎにも貢献してあげて欲しいですね。

こうやって子供のガイドも声を掛けてきますが、今回はフィリピン人の先生も一緒なので「ごめんね」と。
子供のガイドが声を掛けてくる

ボッタクリを仕掛けてくるようなら不要ですけども、ガイドが居れば不要なトラブルも避けられますし、写真とかも撮ってくれますよ。

登山で心配になるトイレも登山口の受付にはフィリピンにしては綺麗なトイレがあるのでご安心を。

5,あとは登る
オスメニアピークへ登る

たった急勾配の無い山ですので、登るのも非常に簡単。

オスメニアピーク登山中の景色

登山口にある受付からたった30分ほど登るだけで山頂に到着してしまいますね。
1000mと言うと下から歩いて登れば3時間から4時間は掛かるのが普通ですが、近くまで行って残りを登るだけなので楽々です。

ただ、そんなお気軽登山なのにこの景色!
セブにあるオスメニアピーク山頂からの景色

ちょっと曇っているのに綺麗ですね。
晴れていればもっと綺麗だと思いますが、セブの山は低いのに天気が変わりやすいんですよね。

また、山頂ではキャンプをしている人も多くいます。

セブのオスメニアピーク山頂でキャンプ

オスメニアピークへ行く際の注意事項

●行くときは必ず天気の良い日が続いた後にする。
雨が降った後は足元がぬかるんでしまうので気分良く登れません。

●早朝は霧が多いので、午後に山頂へ行くくらいでちょうど良い。
ただ、山頂は涼しいですが日差しがあると暑いのでキャップや日傘などがあると良いですね。

●飲み物、食べ物は持参する

●山頂は風があるので長袖など羽織るものを持参する。

●暗くなる前に下山すること。
さすがにオスメニアピークでは聞いたことはありませんが、フィリピンにはいわゆる山賊や海賊と呼ばれる人達がいます。

オスロブやカワサンフォールへも行ける

時間があれば「ジンベイザメツアーのオスロブで1泊コース」も大丈夫ですし、6時間ほど歩いて「カワサンフォール」まで行くことも可能です。

こうなるとお気軽ハイキングではなく、本気のハイキングになってしまいますけどね笑

なかなかする人は居ないと思いますがしてみたい方は一度ご相談下さい。

以上、ちょっと海に飽きたので変わった所へ行きたい方へおすすめのオスメニアピークでした。

 

フィリピン留学の語学学校で5年間マネージャーを務めた私がサポートします!

inquiry