フィリピン留学の使い方

【英語の勉強法】フィリピン留学で映画を字幕なしで見れるようになる?

英語留学の目標の一つとして、掲げられる目標の一つ。

日本語字幕無しで洋画が見れるようになりたいという目標があります。

フィリピン留学をして英語を身につければできるようになる?

そう聞かれますと「絶対ではないですが、まず無理です」としか言いようがありません。

映画やドラマを字幕なしで楽しむレベルというのがどれくらいのイメージかと言えば。

映画やドラマ
↑↑↑
遥か上
↑↑↑
英検1級
ネイティブ圏でのビジネスでもなんとか困らない程度の英語力
↑↑↑
TOEIC 900
アジア圏なら社会に出てもそれほど困らない英語力
↑↑↑
TOEIC 800
アジア圏で仕事するならなんとか困らない程度
↑↑↑
TOEIC600
中学レベルの英文法でなんとか話せる
↑↑↑
↑↑↑
TOEIC400
中学レベルの文法が60%~80%理解出来る

このように、映画を字幕なしで見るというのは、母国語に近いレベルで英語力が無いとまず出来る事ではないのです。

当然、子供向けの映画などであれば、できる可能性は大きく上がりますが、それでも60%から70%聞き取りができればかなりの上級者と言えます。

では、何故出来ないのかと言えば理由はいくつかあります。

映画は専門用語などが多すぎる

映画ではスラング、専門用語、ダブルミーニング(掛詞)、口語、文法無視などなど、なんでも有りですので、学校の授業で学ぶ程度の英語力では話にならないということが挙げられます。

例えば、日本でも昔流行った「マトリックス」という映画がありましたが、映像とアクションの革新さからすごく人気が出たものの、当時、映画の意味を理解出来ている人は多くなかったと言われています。

なぜなら映画の中でIT用語がドンドン飛び出してくるのですが、映画の中で良く出てくるIT用語「ソース(source)」一つ取っても、その意味を理解出来ていなければ、分かる訳がありません。

しかも、マトリックス(Matrix:物を生み出す基盤、発生源など)を題名としてしか捉えていなければ、どれだけ見ても理解できる訳がありません。

このように、日本語ですら理解が難しい専門用語も映画では手加減無く使われますので、数週間、数ヶ月の間、英語を勉強したところでどうにかなることではないのです。

映画は見る人のことを考えて話してくれない

人種、年齢、性別でイントネーションやアクセントも変わり、ボソボソ話されると全然聞き取れないということが当り前にあります。

日本人の学習者はいつもキレイな音声ではっきりと聴きやすく作られている教材で勉強をしていますが、映画ではそうは行きません。

例えば、高倉健が低い声でボソボソと話すと全て音がこもっていますが、日本人であれば普通に聞こえます。

しかし、映画でシュワルツネッガーやスタローンが話していると「聞こえないからもっとはっきりと喋って」と言いたくなります。

ただ、日本人が高倉健が低い声でボソボソと話しても日本語であれば聞き取れるように、ネイティブにも同じく問題なく彼らのボソボソ声が聞こえているのです。

このような聞き取りにくい英語を聞き取るには慣れしかありません。

常にネイティブと英語を話し、色んなネイティブの英語を聴きながら、20年程アメリカで過ごしている人からしても、自分に向けて話しかけられていない声を聞き取るのはまだ難しいそうですよ。

話すスピードが圧倒的に早い

私達がリスニング教材で使う音源で聞きやすいと感じるスピードは1分間に100語から120語です。

下にある動画のオバマ大統領の就任演説がそれくらいのスピードですね。

スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行った有名なスピーチが150語から160語、TOEICのリスニングパート3やパート4なら約170語程度。

1分間170語は、TOEICリスニングで400点を越える程度の人であれば知らない単語や言い回しを除いて8割は聞き取れるスピードだと思います。

しかし、ニュースやTVの中継でペラペラっと話すスピードは1分間に200語~230語程です。

私達日本人が早い!と感じるスピードがこの200語前後からなのですが、弁護士や政治系の映画や野球の実況中継などであれば1分間に250語に達する場合もあります。

ちなみに、ラップで有名なエミネムの曲は1分間で300語を超えているようです。

慣れれば170語程度まではそう難しくないのですが、200語を超えてくると体感でかなり違いますね。

ですので、せめて1分間で200語が余裕を持って聞き取れるレベルでないと、英語を字幕無しで見ることはまず無理です。

以上のようなことが、数週間から数ヶ月が主流のフィリピン留学で勉強したところで、字幕無しで映画を見れるようにはならないとお伝えする理由です。

できるようになるにはどうすればいい?

じゃぁ、できないじゃなくて、どうすれば見れるようになる自分に近づけるの?

と言えば、下記のような順で愚直に繰り返し反復練習をすれば出来るようになる可能性が近づきます。

フォニックスなど発音の基礎を学ぶ

リスニング力を高めるのに一番重要なポイントは「発音矯正」です。

発音の基礎を学習すれば、正しい発音が身に付いた上で、聞こえなかった音が聞こえるようになります。

とくかく基礎英語を徹底して反復練習し、即座に話す訓練をする

リスニング力を高めるには「発音矯正」だけでなく「スピーキングの練習」も重要です。
自身のスピーキングスピードを上げれば、単純に早いスピードの音に慣れることができます。

さらに、早口で話すということは、次の言葉をイメージする思考力も上がるので、頭の中で瞬時に処理できる英語量が増えます。

感覚的には英語の音源があれば常に1.5倍速で聴いて練習すれば、通常の速度に落とした時に非常に遅く感じるのと同じ効果があります。

特に初心者から中級者レベルで効率よくリスニング力を伸ばしたい方は、ダイレクトメソッドを利用して学習できる学校で学習することをお勧めします。

徹底的に基礎の練習をして(TOEICリスニングで最低400点以上取れるようになって)、初めて映画を使っての学習です。

映画を徹底解剖してみる

好きな映画1本のスクリプトから内容を理解し、知らない単語、知らない言い回しを学習してから、何度でも同じ映画見る

リスニング力が上がっても、理解力が追いついていなければ、聞こえた音はただの音でしかありません。

初めて見た映画を1回で理解したいなんていう何年掛かるか分からない希望は横に置いて、まずは馴染みのある好きな映画を徹底的に解剖するべきです。

解剖したアトは、英語字幕を見ながら映画を見て、同じように話せるように口真似で練習していけば、50回程繰り返した頃には全て聞き取れるようになっているはずです。

そして、同じようなジャンルの映画を選んで、同じことを繰り返します。

そうすることで、そのジャンルの映画で出てくる単語や言い回しを聞き取りやすくなり、聞き取れる幅が広がります。

ただし、法廷、政治などの映画はハードルが高すぎるので避けて、できるだけ日常生活を題材にしたような映画にすることをお勧めします。

以上、いかがでしたか?

色々うんちくを書いていますが、そんな私も一番最初の留学で「映画を字幕無しで見れるようになりたい」と言ってしまった一人です。

三人称単数すら理解していなかった超初心者に、そんな希望を出された学校も「バカなのか?」と思ったことでしょうね笑。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。