英語初心者の留学

【英語初心者の留学】フィリピン留学で初心者にとって質の良い先生

 

英語が話せない初心者の方でも、フィリピンに留学する際に学校選びで気になる点のひとつが先生の質ですよね。

先生の質によって授業が良くも悪くもなるので重要なポイントには間違いありません。

しかし、どういった先生が良いかは人それぞれですので、先生の質と言っても簡単に決めつけることはできません。

私の経験上から言えば、英語が話せる人が「めちゃくちゃ良い」とお勧めするレベルの高い先生が、初心者の方にすると全然合わないことが多々ありました。

そこで、初心者の方にとって質の良い先生とはどういった先生を指すのかについて書いていきます。

明るくて楽しい先生

ハイレベルなクラスを受け持つことが出来る先生は比較的にみて「プライドが異常に高い」傾向にあります。

プライドが高い先生は語学学校の先生というよりは、学校の教師的な感覚で働いていたりします。

生徒として勉強しに来てるんだから厳しくして当り前

たくさん勉強しないと英語なんて伸びないんだから言われたことはやって当り前

授業のルールで決まってるからその通りにして当り前

このように基本的に厳しくて当然、甘えるなという姿勢で生徒に対します。

授業中も特に生徒さんを楽しませるようなこともせず、一切の手加減無しで授業を進めることも普通にあります。

こういった先生は英語を楽しみたい時期はもうとっくに過ぎていて、本気で英語力を伸ばしたいから厳しく行きたい中級者以上には良いです。

しかし、これから英語を学んでいきたい初心者の方にはまだまだ早過ぎます。

厳しすぎて英語を学ぶ楽しさを知る前に心が折れてやる気を無くしてしまいますからね。

ですので、初心者の方にはいつも明るくて、モチベーションを上げてくれる楽しい先生が質の良い先生と言えます。

ただ、生徒さんと先生のマッチングまで気を使っている学校はあまりありませんので、私がおすすめするのは合わなかった時に先生の変更が難しくない学校ですね。

マッチングに気をつけていても、先を見越して初心者の方に合う先生を用意すると「レベルの高い先生はレベルの高い生徒に当たるから受けられない」とマイナスに受け取られてしまって悲しい思いをしたこともたくさんありますけどね笑

教材から外れない先生

初心者の方が英語力を上げる為に大事なことの一つとして「必ず教材に沿って学習した方が良い」ということがあります。

どういうことかと言えば、授業をしていると先生が文法の説明やちょっとした英語の豆知識を説明し始めることがあります。

これは生徒さんから視点では「なるほど、そういうことか。」と授業を楽しむスパイスになりますが、実はこの教材から外れることの多い先生は要注意なんです。

なぜかと言えば、一旦教材から外れるとそのままドンドンと違う方向に進んでいって、気付いたら授業の終わり来て、肝心の教材はホトンド進んでないということが非常に多いんです。

いろいろ教えてくれたし、楽しめたから良い先生だよ。

そういう生徒さんの気持ちも分かるのですが、ではそれが英語力の向上に役立つのかと言えば「NO」です。

なぜならそういったその場の勢いで教えて貰った豆知識は復習する事がまずありませんし、だいたいは授業が終わって2~3時間もしたら忘れてしまうからです。

授業中にノートを取っていたとしても、豆知識ノートなんて見返しても復習の役には立ちません。

言ってしまえば、授業中にノートを取っていた時間が無駄なだけです。

そういう理由からも、初心者の方にとって教材に沿ってしっかりと授業を進めてくれる先生が質の良い先生と言えます。

しっかりと教材に沿って授業をしていれば復習も簡単ですしね。

言葉のレベルを合わせられる先生

先生のレベルをチェックする上での一つですが、生徒さんのレベルによって使う言葉を分けられるかどうかも重要です。

フィリピン留学をする日本人の多くは初心者から中級者です。

中級者と言っても、日本人レベルであれば話せる方だというだけで、ネイティブレベルで考えれば6歳児にも全く歯が立たないレベルです。

日本語に置き換えれば分かりやすいですが、6歳と言ったら普通に話しますからね。

ですので、先生も初心者の生徒さんには、限りなく分かりやすい文法や単語で話すようにしなければ授業になりません。

しかし、その切替が上手にできない先生は最初の内は気を付けているんですが、授業が進む内に忘れてしまって、初心者の生徒さんには何を言っているかさっぱりわからないという状態になってしまいます。

留学生の皆さんはほとんど知らないことですが、授業中に先生が使う英語と私とミーティングしている時の英語は全然違います。

私が理解できるものだということを前提にまったく気を使わずに話してくるので「ちょっとまって」と言いたいことが何度もありましたね笑

こう言ったことからも、言葉のレベルを変えられる先生、または普段から分かりやすい英語を話している先生が初心者の方にとって質の良い先生と言えます。

ただ、普段から分かりやすい英語を話している先生は難しい話になるとお手上げということもあります。

それは正直に言って、初心者の方向けの先生と言うよりも、初心者しか教えられない先生であることも確かです。

まとめ

この記事を書いていて、今から留学する方向けではなく、なんだか語学学校向けの記事になってしまったな・・・と。

ただ、上に書いたような先生のタイプの違いや、授業の質の違いを知っておくことで留学中に自分が正しい学習が出来ているのか?この先生は自分に合っているのか?ということの参考になればと思います。

大事な時間とお金を使って留学することになるので、知識として知っておくことで何かおかしいと感じたらすぐに方向修正できますしね。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。