【英語初心者の留学】思うように英語が伸びなくても慌てない

留学中に英語が伸び悩むこともある

一生懸命やってるのに伸びている実感が無い・・・この勉強じゃダメなんじゃ・・・

フィリピン留学中に非常に良くある話ですね。

TOEICなどのテストのスコアアップだけを目的に留学している人は点数で伸びたか伸びていないか分かるので良いですが「英会話が出来るようになりたい」など英語を身につけることに明確な目標が無い方に多い悩みです。

そして、多くの場合はそのままモチベーションが下がってしまって、どんどんとマイナス面に気持ちが向いてしまいますね。

フィリピン留学に英語力が一気に伸びる魔法は無い

どんな学習でもそうですが、誰だってしっかりと勉強法にしたがって学習すればやった分だけ成長します。

しかし、私もそうでしたが、初心者が想像する伸び方と実際の伸び方には大きな違いがありますね。

留学を前にした初心者の人はだいたい英語が伸びるイメージをこんな感じで捉えています。
 
留学しても一気には伸びない
 
ちょっと大げさな表ですが、正直に言ってありえません。

このような伸び方をするのであれば、留学失敗する人はゼロになりますし、語学学校は倒産だらけです笑
例外の天才は存在するかも知れませんが、一般的にはどれだけ一生懸命やっても一気に伸びることはありません。
 

では、実際にはどう伸びるかというと。
 
英語力は伸びと横ばいを繰り返す
 
これが現実です。

さらに言えば、この伸び方はあくまで熱心にモチベーションも下がらず、留学中に毎日8時間以上は学習し続けた理想の形なので、あなたに決して揺るがない目標と鉄の心臓がない限りそうは行きませんね。

ほぼ100%の人に同じことが言えますが、伸びて、横ばいが続いて、伸びて横ばいが続いての繰り返しが当たり前です。

また、レベルが上がれば上がるほど横ばい部分は伸びていきますので、特に次の段階に進むまでに時間が掛かる中級レベルのまま学習を止めてしまう人が多いですね。

ただ、超初心者から初中級位までは3ヶ月あれば十分に伸びます。

ある意味フィリピン留学は、この最初のとっかかりの学習時間を一気に短縮する為にとても有効な手段と言えますね。

英語力が伸びないことを悩む必要はない

勉強しても勉強しても英語力が伸びない時でも、まったく気に病む必要はありません。

何故かと言えば、伸びを感じない横ばいの部分は、次の階段を登るためのトレーニング期間なんです。

その踊り場を歩いている間に、頭を整理し、足りない物を増やし、反復して身に付けて次の階段を登る準備をしているんです。

要は、英語学習において誰もが通る「通過点」だと思いましょう。

むしろ、今まで感じることができなかったその通過点を通れていることを喜ぶべきです。

もちろん、その平坦な踊り場が長いか短いかは個々それぞれの学習法や費やした時間によります。

また、私のように高卒で、小学校から高校まで何の勉強もせず好きなことをやって生きてきた人と、しっかりと勉強し受験勉強を経験して大学を卒業した人では勉強に対する基礎の土台が違いますので、これもまた同じ100時間でも中身が違って当たり前です。

小中高と12年間遊んでいた人が、小中高大と16年勉強した人と同じレベルで比べることがおこがましいですから笑

さらに言えば、なんだって向き不向きはあるので、時間が掛かる人はたまたま向いて無かっただけ、という程度の認識で居れば良いですね。

語学はレベルの差はあれ必ず身に付きます。

壁を越える瞬間がある

伸びを感じなくても諦めずに地道に努力していれば、ふとした時に英語力が一気に伸びる時があります。

私も過去に一度だけ経験しましたが、その時の「あれ?英語が理解できる。」という感動は忘れられません。

私は32歳の時に、中学1年の文法が理解できない超初心者状態で、フィリピンに3ヶ月の予定で留学しました。

言うまでもなく、授業はちんぷんかんぷん。

と言うよりも、先生が授業中に何を話しているのかさえわからない状態です。

それでも、どうせ何もわからないんだから言われるがまま授業を受けようと、毎日6時間のマンツーマンと2時間のグループクラスを受講し、夜は復習と単語で少なくても4時間は自習していました。

しかし、残念ながら3ヶ月経っても先生が言っていることは理解できないままだったんです笑

さすがに、コレはまずい、このままでは恥ずかしくて日本に帰れない・・・

という思いから1ヶ月延長し、もう少し頑張ってみることにしたところ、4ヶ月を目前にして来ました。

ある日突然先生の言っていることが知らない単語を除いて全部理解出来るようになったんです。

もちろん、理由なんて分かりませんが、毎日の8時間の授業、授業の復習、文法の学習、毎日単語30個覚えるこの3つだけで私には4時間から5時間必要だったので、毎日深夜12時~1時まで勉強していましたね。

1ヶ月の延長の後、あまりにも英語学習が楽しくなってきて、調子にのってさらに1ヶ月、また1ヶ月と延長し合計6ヶ月いましたが、その一気に伸びた瞬間を感じたのは後にも先にもその一回だけです。

当然、その理由は分かっています。

今はその時ほど必死に勉強していない。

それだけだと思います。

ですので、その瞬間を感じたければ自分が想像する以上に頑張ってみると良いかも知れませんね。

留学前に覚悟しておけば良いこと

伸び止まりは止まっているのではなく、トレーニングしながらじっくりと英語を頭と身体に定着させている期間なので焦らない。

伸び止まりを感じていても、出来ることを淡々とこなして行けばそのうちまた伸びてくる。

留学中に路頭に迷わない手助けになれば幸いです。

 

フィリピン留学の語学学校で5年間マネージャーを務めた私がサポートします!

inquiry