フィリピン留学おすすめの地域は?場所によって先生の質が違う?

 

フィリピン留学は地域によって先生の質が違うという意見があります。

 

そして、最近ちょくちょくと目にする記事で 「セブは学校が増えすぎていて、先生の質の低下が激しいからおすすめしない」 と言った内容を目にしますが本当なのでしょうか?

 

学校の多さが質に関係する?

 

フィリピン留学でメジャーな留学場所はマニラ、セブ、バギオの3箇所ですが、断トツで学校数が多いのはセブです。

 

しかし、最近ちょくちょくと目にする記事で

 

「セブはすでに学校が増えすぎていて、先生を集めるのが難しいから先生の質の低下が激しい」

 

そのようなことを声高に書いている留学業界関係者のブログもあります。

私からすれば・・・

そんなわかりきったことを何を今さら。

という感じですけどね笑

 

地域関わらず先生の質なんて10年前と変わってない

 

私の経験上で言えば、私が一番最初にマニラで留学した2008年から2018年の今にかけて、先生の質なんてこれっぽっちも変わっていません。

 

少くても私がマネージャーとして採用に関わっていた2012年から2018年に掛けての話で言えば、採用出来るレベルの先生は30人に1人程度、本当に欲しいと思う先生は50人に1人程度ということは全く変わっていません。

 

応募してくる人のTOEICスコアは730点位が平均で、どこかの学校でグループクラスを中心に担当していたという先生レベルで800点~900点の間くらいですね。

 

900点オーバーはそうそういませんので、30人程度の小規模校でないと900点オーバーで先生を統一するということは至難です。

 

TOEICスコア900点以上しか採用しないという学校から来た先生のスコアが820点だったというオチもあります。

 

もちろん、あくまで応募者の多くの平均が730点ほどということなので、どこの学校でもその点数で採用しているということではありません。

 

そのレベルでも採用している学校があるのも事実ですが、それは前から同じですので、セブが急激に悪化しているような話では無いですね。

 

学校の運営方法はほとんど変わっていない

 

「繁忙期の大規模校は先生の質が低くてひどい状況になっている」

 

前から同じです。

 

何も変わっていません。

 

大規模校では、ピークシーズンなどはパートの先生を入れて急場しのぎをしている学校も当たり前ですので、私は例え提携先でもデメリットを伝えずに繁忙期の大型校をご紹介することはありません。

 

ただ、大規模校でも年中7割から8割の生徒で埋まっているピークとオフの差が少ない学校もあり、その場合はパートで急場しのぎする必要がないので大きな問題が無い学校もありますね。

 

もちろん、年中埋まっているから良い学校と言う訳ではありません。

 

集客力は内容の良さではなく、マーケティングの上手さや強力なエージェントと繋がっているかという要素の方が高いですからね。

 

また、しっかりとした大規模校の場合は、それほど厳しい採用方法はできなくても、常時数週間のトレーニングを行って、それに残った先生だけを本採用するということをずっと続けている学校もあります。

 

という訳で、

 

先に挙げたようなピークはパートでしのぐという学校の運営方法も、少くても私が確実に知る6年前から何も変わっていません。

 

少し留学経験があって、学校やエージェントで少し働いた経験がある程度の経験の浅い人達が、ブログの閲覧数を上げるためにおもしろおかしく書いているんだと思いますが、全然変わってませんからね笑

 

フィリピン留学の悪い点は今も昔も同じです。

 

もちろん、サービス内容や施設などは昔と比べれば大幅に変わっていますよ。

 

先生のレベルの割合も変わっていない

 

どの学校でも酷い先生、我慢出来るレベルの先生、普通の先生、良い先生、ズバ抜けたレベルの先生と5段階評価にすれば大雑把でも75%近くは普通の先生以下でしょう。

 

もちろん普通レベルの先生が多いのですが、学校の体制とカリキュラムがしっかりとしていれば普通の先生であれば十分なので、悪いと言っている訳ではありません。

 

しっかりとした小規模校であれば比較的普通の先生のレベルが高く、外れという先生はあまり見ないですけどね。

 

セブだけ学校が増えたから先生の数が不足していて、質が低下しているなどということはちょっと見知った範囲の憶測でしかなく、フィリピン留学全体で元からそれくらいのレベルの割合だったということです。

 

地域によって先生のタイプには違いがある

 

大まかにみれば、地域によって先生の性格や人間性などに違いがあるのは確かです。

 

完全な独断と偏見ですので、あくまで参考程度にどうぞ笑

 

バギオの先生

 

私はバギオからセブに来た先生としか働いた事がありませんし、それほどたくさん一緒に働いた経験がある訳ではないですが、一番真面目なのはバギオの先生で間違い無いと思います。

 

大人しい人が多いのもありますが、何も言わなくても勤怠が良い人が多かったです。

 

フィリピン人の場合は地元を離れて働いている人の方が良く働く傾向にありますしね。

 

マニラの先生

 

都会なだけあってマニラ圏の先生は良く言えばクール、悪意を持って言えば少し冷たい傾向にあります。

 

特にフィリピンの最高学部を出たような先生も少くないので、プライドが高く、学歴の差別意識は高いですね。

 

ただ、冷たいと言ってもたくさんのフィリピン人と関わってきた私の個人の感想ですので、普通の日本人からすると陽気でホスピタリティに溢れている楽しい人達で間違いありません。

 

セブの先生

 

セブの先生というとゲンキンでワイルドです。

 

ノリが良くて本能のまま陽気に生きているというフィリピン人の性質を一番良く表しているのではないでしょうか。

 

セブの先生というよりもセブの人達がそういう感じなんですけどね。

 

交渉事をする際は、簡単にモノで釣れてしまうので非常にやりやすいです。

 

特にセブシティで育った人よりもセブ周辺の地方から来た人はそういう傾向が強くて面白いです。

 

ちなみにセブでも学歴差別は激しいですね。

 

地域によって英語力に差はある?

 

これはやはりあると言わざるを得ません。

 

メトロ・マニラから近郊を含めれば人口2300万人を越えるマニラ、セブ市内と近郊を合わせたメトロセブ全体で人口が300万人のセブ、小さな街で人口30万人程のバギオでは人材の豊富さと地力が違います。

 

さらに、フィリピンの最高レベルに位置する大学がマニラに揃っていることも大きな理由ですね。

 

地方のセブ、バギオと比べれば大都会のマニラの先生の方が英語力の地力は高く、カッコ良い英語を使う先生も多いです。

 

と言っても、そんな高学歴の先生ばかりが働いていると言うこともないので、あくまで一つの理由程度の話ですけどね。

 

ちなみに、フィリピンで一番の大学は通称UPと呼ばれる「University of the Philippines Diliman」で常に国内ランキングTOPです。

 

TOPから9位までは全てマニラ圏にある大学で、セブで一番の「University of San Carlos」は国内ランキング10位です。

 

国内ランキング15位にはバギオの「Saint Louis University」が入りますね。

 

国内ランキングTOP30までの間にメトロマニラ圏の大学が18校、セブが1校、バギオが1校ですので、マニラ圏には有能な人材が集まりやすいということもあり、英語力の地力の差はこの辺りから来ていると言って過言ではないと思います。

 

ちなみに世界ランキングではフィリピンの大学1位は世界の500番~600番に位置していて、セブやバギオの大学はランキング1,000番以内に入っていません。

世界大学ランキング

日本は東大が42位、京大が65位になっていますね。

 

先生の質は頭の良さや英語力ではなく資質が大事

先生の質は頭の良さやレベルではなく資質が大事

 

レベルが高く頭の良い先生を集めたからと言って、その学校の授業が良いのかと言われればそれはまったく別の話しです。

 

これも極当たり前のことですが、先生に必要な要素は「英語力」よりも「人間性」の方が断然大事です。

 

英語力は多少低くてもトレーニングで磨くことができますが「勤怠が悪い」「融通が利かない」「気が利かない」「素直じゃない」「少し嫌な事があるとすぐに感情を表に出してイライラする」など人間性や性格に関することは、トレーニングで変えることが出来ませんからね。

 

どれだけ優秀でも人間性が不足していれば先生として採用できません。

 

ちなみに先生としての勤務年数が長い人が好まれがちですが、私は自分の経験上からも「勤務年数が長い先生」をまったく信用していません。

 

先生歴が長いからと優先して雇用することもしたことがありませんし、どちらかと言えば歴が長いほど警戒していました。

 

なぜかと言えば、そういった先生ほど学校から信頼という放置を受けて、自分の好きなように授業を行ってきている場合が多いです。

 

無駄にプライドが高く、自分の意見を譲らないので運営サイドとしても、留学生からにしても扱いにくい人が見受けられますね。

 

例えば、生徒さんに聞いたこんな話があります。

 

それなりに人気がある有名な学校で、その学校でも超優秀言われる先生からグループクラスを受けていました。

 

授業中に、その生徒さんが先生の明らかな間違いに気付いたので

「それは違うのでは?」

と意見したところ

「これで合っている。私が何年先生をやっていると思っているの?英語の答えは一つじゃないの。」

と言い捨てられてしまったそうです。

 

完全な間違いだったと他の生徒さんも気付いた人がいましたが、誰だって間違いはあるし、もめそうなので黙ってしまったとのことです。

 

これだけストレートな物言いをする先生はさすがに少ないと思いますが、これは先生だけが悪いのではなく、基本的には完全に学校の責任です。

 

典型的なことですが、辞められたら困る先生を放置して甘やかしてしまっているために起きたトラブルですね。

 

こういうことは、あの先生なら任せて大丈夫という信頼した放置状態から生まれるので、学校内にアンタッチャブルを作ってはダメだということです。

 

全て優秀な先生でまとめることはまず無理

 

優秀な先生だけを集めて良い学校にするということは、まず無理に近いものがあります。

 

なぜなら多くの留学生がその学校しか知らないからです。

 

どういうことかと言えば、東大生が全員同じレベルで優秀かと言えばそうではなく、その優秀なレベルでも優劣がつくのは当たり前のことです。

 

それと同じで、留学生はその学校内しか知りませんし、先生の比較をすれば必ず差が出てしまいます。

 

本当は全員良い先生だったとしても、いろんな学校を経験していなければ気づけないということですね。

 

それが、優秀な先生だけでまとめることが無理な一つの理由です。

 

学校の良さを決めるのは先生の質ではなく授業内容

学校の良さを決めるのは先生と授業内容の組み合わせ

 

例え優秀で人間性の良い先生がいても、質の高い授業を提供していなければ意味がありません。

 

そこそこ能力の高い先生を集めるだけで「授業は先生任せでフリートークばかり」なんてことも普通にあります。

 

むしろ、今でもフリートークという、その時に楽しいだけの授業は10年前と変わらずにフィリピン留学に蔓延したままです。

 

では、どういう授業が良いかと言えば、それぞれのカリキュラムに専門性の高い授業であることに越したことはありませんが、初心者の方が多いフィリピン留学では、特殊な授業をしていることにこだわる必要もありません。

 

簡単に言えば、教材を使うのであればその教材を使った教え方が先生全員に統一されているかどうかということが大事なポイントです。

 

教え方を統一していない学校では、同じ教材を使っていても先生によって教え方が違うということは良くあり、それがクレームの元凶でもあります。

 

また、最近良くあるのですが、学校によっては完全カスタマイズ制にして、生徒さんの要望に合わせて好きなように授業が出来るということを売りにしている場合もあります。

 

しかし、レベルの高い先生だからと言って、授業内容から授業方法まで自由にさせてしまっては授業の質も知れています。

 

こういった先生に任せた授業内容だと、毎回行き当たりばったりになることが圧倒的に多いです。

 

さらに、ネットで拾ってきたような教材ばかり使って授業に統一性がありません。

 

もちろん、そのようなスタイルでも1年~2年学校を運営している内に集まったデータを元に、コースを作ることも可能です。

 

しかし、新しい生徒が来る度に授業内容を変えていては教える先生のその教材に関する習熟度が低いので、結局フリートークのような授業で終わってしまいます。

 

どのような授業でも教材でも、徹底して同じ授業を行って先生の習熟度が上がるからこそ、その土台になる授業や教材を元にカスタマイズできるようになりますので、毎回行き当たりばったりではせっかくの良い先生も宝の持ち腐れになりますね。

 

言ってしまえば、先生は全て質の良い優秀な先生である必要はありません。

 

しっかりとした授業法を持っている学校の場合は、人間性のある普通の先生であれば十分です。

 

授業法があれば、ノウハウとテクニックをトレーニングで教え込むことで普通の先生を良い先生にすることも可能です。

 

そういった授業法を持っているかどうかも学校選びの決め手の一つにもなりますね。

 

地域によって治安の差はあるの?

 

良くマニラは非常に危なくて、セブも危険、バギオは田舎なので安全というような話がありますが、どこでも常識を守っていれば大差はありません。

 

もちろん、人口比率が圧倒的に違いますので、軽犯罪から重犯罪をまとめればマニラ<<<<セブ<<<<バギオには間違い無いでしょう。

 

ただ、日本でも毎日事件が起きているように、セブでもバギオでも事件が起きる時は起きますね。

 

セブで日本人留学生が撃たれて怪我をした事件

セブで日本人留学生2名が韓国人から性的被害にあった事件

バギオで日本人留学生が強盗にあった事件

バギオで日本人留学生が性的被害にあった事件

 

さいごに。

 

どう読み返しても、フィリピン留学の先生の質は低くて当たり前と書いてるような内容ですが、しっかりと運営している良質な学校もあることは間違いありません。

 

フィリピンがこれから英語を習得したい方に最適な留学先であることは本当です。

 

同じく、紹介するに値しない学校があることも本当です。

 

フィリピン留学業界を知っている人の意見で

 

「今後セブに乱立した学校の中から質の悪い偽物が潰れて淘汰されて行くことでしょう」

 

というような意見を聞きますが、私はそんなことは無いと思います。

 

何故かと言えば、ビジネス本位の偽物の学校の方が資金力があり、マーケティングが上手で集客力があるからです。

 

ホームページを綺麗に作る。

 

もっともらしいことを言って気持ちを煽る。

 

サクラを雇って口コミサイトに大量に投稿する。

 

たくさんのブロガーにステマ記事を書いてもらう。

 

これだけで、素人であれば誰にも気づかれない人気の学校の出来上がりです。

 

そういったやり方は本当にたくさんあって、上手にマーケティングしているので感心する程ですよ。

 

留学は基本的に1回限りの売り切りビジネスですので、1回目で集客さえできれば内容は嘘でもホントでも関係ありませんからね。

 

どれだけ真面目に全力で運営していても、集客力が無ければ先に消えていくのはマーケティングに長けていない学校からです。

 

韓国系の場合はエージェント頼りなので、エージェントがコケたら潰れるという流れもありますけどね。

 

と、好き放題書いたような感じですが、まとめとしては

 

「セブだけじゃなく、フィリピン留学全体の先生の質は変わっておらず昔から同じであり、学校の良し悪しを決めるのは先生の質ではなく、学校の運営姿勢、カリキュラム、授業方法に依るということ」

 

が言いたかった訳です。

 

少くても、私のところへご相談頂いた方には良い留学生活を送って頂きたいなと思いますので、いつでもご相談下さい。

 

フィリピン留学の語学学校で5年間マネージャーを務めた私がサポートします!

inquiry