フィリピン留学の注意点

フィリピン留学が向く人と向かない人!後悔しないための話

フィリピン留学が向かない人もいます

 

フィリピン留学に流れている情報を何でも鵜呑みにすると後悔する可能性が高まりますし、特にシニアの方や社会人ではフィリピン留学が向く人と向かない人がいます

この記事は、フィリピン留学してみたいけど何かと不安がある方や留学したことを後悔したくない方向けの記事です。

フィリピン留学が向かない人

今やフィリピン留学は20代前後の若者や親子留学だけのものではなく、30代から50代の社会人から60代~70代のシニア層の方まで幅広い年代に活用されています。

特にセブは東南アジアでは治安も良く、日本から近いということもあり短期留学でも留学しやすいので、多くの留学生が訪れていますね。

しかし、何処の学校もホームページに書いているような「質の高い先生」「高品質な授業」「安全」「施設が綺麗」「ご飯が美味しい」などを100%信用してしまうと痛い目に遭いますので要注意です。

たとえ、そういった宣伝が嘘では無かったとしても「自分がそれなら大丈夫!」と思うレベルと学校が「うちは本当に最高!」と思っているレベルに温度差があれば何の意味もありません

そういったことを含め、下記のようなタイプの方にはフィリピン留学をお勧めしません。

フィリピン留学が向かない人
1,日本的な感覚を捨てられない方
2,虫を見ると大騒ぎして怒ってしまう方
3,排気ガスや乾燥ですぐに喉を痛めて咳が止まらなくなる方
4,ネイティブ英語を夢見てフィリピン訛りなどを気にしすぎる方
5,すでに話せる状態の上級レベルの方

それでは一つ一つなぜ止めたほうが良いかご説明していきましょう。

日本的な感覚を捨てられない人

基本的にフィリピン人にとってはお客さんが一番大事な人ではありません

優先順位は、仕事上であればオーナーが断然1番、次は自分、最後がお客さんです。

学校にいる日本人スタッフは生徒さんはお客さんと理解しているので出来る限りのサポートをするべきと使命に燃えていたとしても、実際に留学生を教える先生やフィリピン人スタッフにはそんなことを考えていない人の方が多いです。

しかし、どうしてもある意味で真面目なことに潔癖な日本人は、物事を日本基準に考えるので、日本的な感覚での当たり前を求めてしまいます。

サービス業ならこうして当然、それくらいのことは常識、気遣いして当たり前など「この国の人達はどうしてそんなことがわからないのかな?」などを声高に言われる方もいます。

しかし、それがどれだけ正論であろうと、フィリピンの人達はこう思っています。

些細なことに文句ばっかり言って、嫌なら来なければ良いのに・・・

フィリピンの人達に

「クレームを言ってくれてありがとう!これで私達も改善できる!」

なんて気は米粒ほどもありませんので言うだけ疲れます。

正直言って時間の無駄です。

間違いなく

面倒くさい日本人だな・・・

と思われているだけです。

また、例え日本資本の学校に留学するにしても、何かあれば日本人スタッフに任せれば良いし、何でも助けてもらって当然、困ってもなんとかしてくれるだろうと期待し過ぎる方も止めた方が良いです。

これは、学校やエージェントが誇張し過ぎなことが悪いとも言えるのですが、学校が考えているサポート内容はあくまで、フィリピンでもできる限りのでサポートであり、留学生側が期待するサポートは日本基準ということが非常に多いからです。

日本資本の学校の体験談や感想などを見ていると「日本資本の学校なのに全然日本的な対応でないのが残念だった」というコメントが良くあるのですが、それでもきっと日本資本レベルの対応はしている可能性が高いです。

外国資本であれば留学生はお客様扱いなんて絶対にしてもらえませんからね。

ですので、日本のサービスを比較対象にして、日本を基準にすることを止められない方は、フィリピン留学は止めて、先進国へ行った方が良いです。

虫を見ると大騒ぎしてしまう人

虫が出るかどうかを気にしすぎる方は止めておきましょう。

ゴキブリ、蚊、蟻などの虫が好きな人なんてホトンド居ないと思いますが、フィリピンで避けて通ることなんてできません。

高級ホテルでどれだけ綺麗にしている部屋でも、部屋の中で何か食べて、食べカスを落とせばすぐにアリが行列を作ります。

もちろん場所によりますが、少し強めの雨が降れば、すぐに道が冠水してしまい排水から水が溢れ出すのと一緒にゴキブリがうじゃうじゃ出てくる様な環境です。

道端にゴミが散乱していることも普通ですし、水たまりからドブ臭い匂いが漂ってくることは当たり前です。

正直に言って、このような環境で絶対に虫が見たくないと言われても無理です。

ホテル滞在型の施設などでは、害虫の駆除や禁忌剤を散布しているところもあるので、12週間滞在してもゴキブリを見ない人もいます。

しかし、同じ施設で入学初日に出会ってしまう人もいますので、出るか出ないかは完全に運です。

出ないことを期待するのではなく、出ることを前提ににして留学できない方にはフィリピンは向かないので止めた方が懸命です。

ハワイなど異常に費用が高くても綺麗な国をおすすめします。

排気ガスや乾燥ですぐに喉を痛めてしまう人

「セブの空気が悪すぎる!」

と言う方が少なくないのですが

「それは場所によるのでセブで一括りにするのはどうか。」

と、私は思ってしまいますが、喉が弱い方にはかなりキツイようです。

セブに到着後、2~3日したら咳が止まらなくなり「ツライ」とおっしゃる方もそれなりにいます。

確かに、交通量の多い道路沿いはかなり空気が悪いですし、観光のつもりで幹線道路沿いを歩いたアトに喉のケアを忘れれば私でもやられることがあります。

ただ、幹線道路から100mも内側に入れば全く気にならないのも事実ですし、完全に幹線道路に面している学校なんてほとんどありません。

また、学校で生活していて空気が悪いなんてことは無いのですが、見えないだけで学校内でもホコリやカビは発生していますし、ショッピングモールなどでウロウロしていると、これもまたホコリにやられます。

ですので、喉が弱く環境にやられやすい方はフィリピンは止めた方が良いですね。

ネイティブ英語を期待しすぎる人

英語を学ぶ以上はネイティブ英語に近づきたい!

という気持ちは、同じ英語学習者として良くわかります。

しかし、フィリピン留学はあくまでフィリピン人から基礎英語を学ぶ場所であって、ネイティブ英語を学ぶ場所ではありません。

どれだけ、フィリピン人の先生が優秀でも、フィリピン留学でネイティブのように話せるようになるのは無理です。

フィリピン人の先生は勉強して話せるようになった人達ですので、ネイティブが使う英語とは所々で異なりますし、ネイティブの言い回しを教えることもできません。

英語を教えることには何の問題もない綺麗な発音でも、あくまでフィリピン英語のアクセントとイントネーションです。

ネイティブ英語にこだわりたい方はネイティブ圏への留学を強くお勧めします。

ただ、90%以上が英語がしっかり話せないレベルの日本人留学生がネイティブ英語にこだわる必要は全く無いですし、しっかりとしたトレーニングされた先生であれば学べることは山程ありますよ。

初心者がネイティブ圏に留学すれば失敗することは目に見えていますしね。

すでに話せる状態の上級レベルの人

私がいつもお勧めしないのは、すでに話せるレベルの上級者の人です。

もちろん、日本人英語学習者レベルでは上級者と言っても、先生達の会話力と比べれば断然負けている人ばかりですし、勝てるレベルの人には会ったことが無いです。

しかし、英会話という面だけで見れば、良い先生に当たれば多少学ぶことはありますが、得られる物は初心者や中級者に比べて圧倒的に少なく、コストパフォーマンスも良いとは言えません。

すでに英語が話せるレベルの人はフリートークになることが多いですし、そのフリートークも非常にレベルの低い雑談になることが多いです。

授業では、フィリピン人の若くて他の世界を知らない先生達に、生徒の方が知識を与えてあげるという、どちらが先生か分からない状態になりますね。

そのような適当にしゃべって終わりの授業をするのであれば、オンライン英会話で十分です。

フィリピン留学する1ヶ月分の費用で1年はオンライン英会話の授業を受けたい放題できますからね。

留学すると間違いなく後悔する人

超初心者で中学1年生レベルの文法が理解できていない人は「まだ」フィリピン留学には来ない方が良いです。

行けばなんとかなるだろうと思うかも知れませんが、そのレベルの方が来てどうにかできる学校は極少数ですし、どうにか出来たとしても理解できない場面の方が遥かに多く、無駄な時間を多く過ごすことになって何もせずに留学した自分に後悔することになります。

まず、どれだけ最低でも中学1年の文法学習とドリルを使った短文作りの練習をしてから留学することを強く強くおすすめします。

フィリピン留学が向く人

最後にフィリピン留学が向く人はこんな方です。

●発展途上国のフィリピンがどんなところか楽しみな方

●多少のトラブルは経験として楽しめる方

●英語が話せない初心者から、話せるけど簡単なやり取り以上話せない方

●虫は嫌いだけど出るのは仕方ないと割り切れる方

●ネイティブ英語にこだわらない方

などなど、基本的に物事を前向きに捉えられる方はフィリピン留学が向いていますね。

まとめ

フィリピン留学を楽しんでいる方は、トラブルがあっても笑い話として怒りながらも嬉しそうに話しますし、何かあってもまずは自分でどうにかしようとする人が多いです。

エージェントというビジネスをしている私がこんなことを言うのは間違っているかも知れませんが、フィリピン留学にはメリットとデメリットがありますので、自分の中で折り合いがつかないのであれば、エージェントが大丈夫と言おうが止めておいた方が良いですね。

私は個人で営業していますので、全て自分の責任でかなりぶっちゃけてご相談にのりますが、一般のエージェントであれば学校のことを悪く言い過ぎることはできませんし、どんな学校でもおすすめするのが仕事です。

それでも、最終的に納得して決めるのは自分自身ですので、多少の認識の違いは目を瞑ることも精神衛生上でも大事なポイントだと思います。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。