フィリピン留学の使い方

【英語の勉強法】留学で3ヶ月も頑張ったのに英語が話せない理由

 

フィリピンでの短期留学でフィリピン人の先生と話せるようになる。

これは、出来て当たり前のことです。

どんなレベルの人でも先生となんとなく話せるようになりますし、中級者レベルの方が先生と一緒に遊びに行っても、英語で意思疎通をしてとても楽しめるようになります。

授業中でもいろんな会話をしながら話し続けることができたりもするでしょう。

しかし、それが本当に話せていたのかと言えば残念ながらNOです。

先生や話せる人がコントロールしてくれているから会話になっていただけで、実際にはホトンド話せていなかったという場合が多いです。

先生はあなたの英語に慣れているから通じている

初心者が3ヶ月間毎日10時間以上勉強したところで自然にやりとりをするなんて無理です。

もしそれが英語力を伸ばす方法として最短であれば、英語学校なんて世界中に存在できていません。

フィリピンのあとにネイティブ圏に留学したら全然通じなかった

ということは良くありますが、語学学校で3ヶ月ほど学んでようやく話せるレベルの人の英語が先生以外の外国人やネイティブには通じないのは極当たり前のことです。

そんな当たり前のことを

「たいして英語が伸びなかった!」

とフィリピン留学のせいにしてはダメです。

なぜ先生には通じて、他の外国人には通じないかと言えば、留学生が話す英語の多くは通じているのではなく、先生が話の流れや空気を読んで、あなたが発している単語やジェスチャーから内容を予測してくれているということが大きな要因です。

先生は最大限気を使ってくれている

先生からすれば留学生はあくまで「お客さん」なので、最大限であなたの気持ちを害さないように気を使ってくれているということを忘れてはいけません。

特に、初心者の生徒さんなどには厳しくしすぎないように優しくしてくれますし、年配の方は先生の修正があまりしつこいと不機嫌になる方も少なからずいらっしゃいますので、間違いを放置して気分良く授業することに全力を注いでしまっている場合があることも事実です。

ただ、先にも書いたようにフィリピン留学にいる先生達は日本人のカタカナ英語や韓国人、台湾人などアジア人の発音や癖に慣れており、発音や文法が間違っていても理解してくれるので、通じた気になってしまうということが成長を妨げてしまう問題でもありますね。

話せるようになったらネイティブ英語に切り替える

フィリピン留学だけで英語を勉強しても、被ネイティブスピーカーとの会話はだいたい問題なく無くできるようになりますが、やはりネイティブと不自由なく会話出来るレベルにはなれません。

話せるようになったらフィリピンは卒業した方が良い

あくまでフィリピン人の先生と基礎英会話を活用して話込めるレベルであることが前提ですが、そこから先はネイティブ英語に切り替えないと、いつまでもフィリピン留学だけではネイティブに通じる英語の修得は難しいですね。

フィリピンだけでも完結できないことは無いのですが、フィリピンの語学学校で先生から「おもてなし授業」だけを楽しんでいる限り、本当に通じる英語を身につけるのは遠い道のりになると思います。

基礎英会話が使いこなせるようになるまではフィリピン人の先生が良いということは間違いないですけどね。

ネイティブとのオンライン英会話を活用する

フィリピン留学にもネイティブの授業が受けられる学校や上級者向けの授業をしている学校がありますが、費用的に効率が悪いです。

私は、そんなに無理やりフィリピン留学をお勧めする気はありません。

あくまで話せるようになった人に限定すれば、フィリピン留学を2回も3回も繰り返すより日本にあるレベルが高い英会話学校に使った方が良いです。

話せるレベルであれば、日本にいるネイティブと話している方が費用対効果は断然高いです。

ただ、わざわざ高い英会話スクールにお金を使わなくても、オンライン英会話であればネイティブの先生との授業を安く受けることができるのでおすすめです。

例えば、オンライン英会話のネイティブキャンプであれば、定額5,500円で受け放題ですし、追加料金でネイティブとの授業もありますので使わない手はありません。

まずは、費用の安く済むオンライン英会話で、フィリピン人とネイティブの違いを知り、聴き取れない、伝わらないということを身を持って体験するのが良いですね。

Meetupなどのコミュニティを利用してみる

フィリピン留学からネイティブとのオンライン英会話である外国人と話せる度胸がついたら次は実践です。

しかし、実践と言っても日本の至る所で英語が使える訳では無いですし、海外に住んでいてもそんな簡単に練習に付き合ってくれるような外国人がすぐに見つかる訳では無いのが現実です。

そこで便利なのが「Meetup」というコミュニティサイトです。

このサイトでは、いろいろなコミュニティがあり、その中で外国人が参加している語学系のコミュニティもたくさんあります。

もちろん、海外に住んでいるのであれば語学系のコミュニティにこだわらなくても、サッカーや山登りなどのコミュニティに入れば嫌でも英語だけでやり取りすることになりますね。

それでも、仲間を探したい人や目的が同じ人達が集まっていて、自分が興味あることが中心の会話になりやすいので、実践には最適な環境を手に入れられ易いですよ。

最後に。

いつもまでもお金を払って手に入れた環境や誰かに与えられる環境に身を置いていては、本当に実践で使える英語は上達しません。

誰にでも通じる英語を身につけるには、プレッシャーを感じるような実践で英語を使う環境に身を置くことが大事ということですね。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。