フィリピン留学3ヶ月の効果は?【最高に充実するおすすめの期間】

フィリピン留学3ヶ月の効果は?

 

フィリピン留学の期間で一番効果が高いのは間違いなく3ヶ月です。

 

一番良いタイミングでフィリピン留学を終えることができる可能性が高いです。

 

もちろん、3ヶ月でもフィリピン留学の効果を出すには相応の努力が必要ですが、そのためのモチベーションを保てるのも3ヶ月です。

 

では、どうして3ヶ月の効果が高くて、3ヶ月以上いても効率が良くないのかをまとめてみました。

 

フィリピン留学で3ヶ月の期間が一番効果がある理由

 

「絶対にこの1回の留学でなんとしても英語を身に着けないといけない」

 

そんな覚悟を持ってきている人でも、多くの人が3ヶ月を越えると勉強に飽きてしまいます。

 

フィリピン留学で3ヶ月も居れば英語を学ぶこと、先生と話すことに新鮮味や有り難みが無くなり、フィリピンでの英語の勉強を日本の学校や仕事を同じように淡々と毎日をこなす日々になるからです。

 

起きる→ご飯→勉強→ご飯→勉強→ご飯→勉強→寝る

 

基本は真面目に勉強すればするほどこの繰り返しですので、ぶれない覚悟が無いと勉強も続きません。

 

その点、3ヶ月であれば気力、体力も続きますし、もう少しフィリピンで勉強したいという名残惜しさも出て、帰国後のモチベーションアップに良いですね。

 

フィリピンでの英語学習は3ヶ月位で効果が出る

 

留学をはじめた時の英語力にも依りますが、「今英語力が伸びてきている」と感じるのはフィリピンでの学習時間が300時間から500時間程度になる頃です。

 

平日は1日6レッスンの授業を受けて、授業後に4時間~5時間の自習をして、週末は3時間~4時間の自習をします。

 

このペースで学習していけば約6週間から8週間ほどで、何かしら体感することができます。

 

そこからその伸びを定着させる為に残りの期間を頑張って勉強するのですが、その一度伸びたタイミングからしばらく経つと、また長い伸び悩みが始まります。

 

少なくても伸び悩みは2ヶ月や3ヶ月は続くと思った方が良いですね。

 

そして、3ヶ月以上滞在していても、そうやって長く続く伸び悩みの間にやる気を無くしてしまいます。

 

やる気のない状態で留学期間が2ヶ月~3ヶ月残っていると、ますます英語の勉強が面白く無くなってしまいます。

 

そして、残りの期間をただ消化するだけの日々、友達といることを楽しむ生活を送ることになります

 

実際には伸びている実感が無くても続けないとそこから先へ伸びないんですが、それはフィリピン留学を続けていればどうにかなるという話でもありません。

 

3ヶ月以上留学するには、本当にモチベーションを保てる人しかおすすめしません。

 

効果を感じられなくなって目的を見失いTOEICに走る悪循環

 

3ヶ月以上の長期滞在をしている留学生に良くあるパターンがこれです。

 

英語の伸び悩みを感じてTOEICをやってみたら点数が低かった。

自分がやってきたことは何だったのだと考えて、せめて目に見える結果を残そうとTOEICのための勉強を始める。

 

という、悪循環です。

 

これは、英会話を伸ばすための勉強をしている方に良く起こることです。

 

しかし、英会話のための学習とTOEICの為の学習では方向性がまったく違いますので、点数なんて取れなくて当たり前です。

 

もちろん、TOEICの学習をすることが悪いこととは言いません。

 

ただ、それなら最初から目標をTOEICの点数アップにしておけば、もっと効率よく点数が伸びることは間違いありません。

 

 

フィリピン留学3ヶ月はフィリピンに飽きる頃

 

正直に言ってフィリピンは、アメリカ、カナダ、オーストラリアと違って、観光、文化、仕事などを含めた海外生活を楽しむ場所ではありません。

 

勉強の息抜きに週末は遊びに出掛けたり、週末旅行へ行ったりもしますが、フィリピンでも特にセブには観光地は無いと言っても過言ではありません。

 

行くところと言えば、飲食店街とショッピングモール位しかありませんので、外出も3ヶ月滞在すればやり尽くしてしまいます。

 

しかし、3ヶ月以上の長期で滞在していると、毎週のように一緒に勉強していた友達が居なくなり、反対に毎週のように新しい生徒さんが入って来ます。

 

すると新しい生徒さんから

Aさん
一緒にジンベイザメツアーに行きませんか?

 

Bさん
もう行ったんだよね・・・まぁいいかな。

 

そう思って思って一緒に出かけると

 

フィリピンが初めての人と一緒に外出する=自分が引率者になる

 

ことに気付きます。

 

そういった付き合いを楽しめる方は良いにしても、手間だと感じる方は面倒になり、他の生徒さんとは一緒に行動しなくなったりもしますね。

 

それが、3ヶ月までであれば一通り楽しんで終われますので一番良いタイミングです。

 

英語学習では留学期間よりも学習時間を目安にする

 

英語を伸ばすという観点から留学の期間を悩むのであれば、留学期間よりも「合計の学習時間」を目安にする方が良いです。

 

先にも書いた通り私が1,000人以上の留学生と関わった経験からすると学習時間が「300時間から500時間」になった辺りで何らかの結果が現れ始める方が多いです。

 

授業と自習で1日10時間勉強するつもりであれば、300時間としても6週間は滞在した方が良いということですね。

 

Aさん
でも最長でも4週間しか留学できないんですけど・・・

 

Macky
それこそ準備と目標をしっかりと定めないといけない大事なポイントですね。
4週間の留学で何を目標にするか、4週間で効果を上げるにはどこまで準備をすれば良いかを考えましょう。

 

 

フィリピン留学は3ヶ月以上頑張れるなら現地で延長する

 

1度の留学で3ヶ月は以上は基本的におすすめしませんが、やってみて行けると感じたらその時点で延長するのが一番おすすめです。

 

または、一度帰国して英気を養ってから、改めて段取りを組み直してからまた戻ってくれば良いですので、慌てる必要はありません。

 

どちらかと一度帰国した方が「自分に足りない要素は何か?」「次に行くまでにどういう準備をすれば良いか?」など改めて考える時間ができるので良いです。

 

さらに、日本にいるとフィリピンで勉強する環境の効率の良さが改めて理解出来るようになり、次の留学でまた頑張ろうという意欲も持てるようになりますね。

 

半年など長期の留学のお話もご参考にどうぞ。

 

フィリピン留学のチャンスは人生に一度じゃない

アメリカやカナダへの留学となると人生に一度行ければ良いレベルになります。

 

しかし、フィリピン留学では10%、高い学校では20%程の割合で2回~3回のリピーターになる方がいます。

 

特にフリーランスで働いている方、時間に余裕のあるシニアの方、仕事を辞めてもすぐに次を見つけやすい看護師の方などの場合は、1年に1度2週間から4週間のフィリピン留学を楽しんでいる方も一定数います。

 

私が学校のマネージャーをしていた時でも2年連続で来られた方はたくさんいます。

 

3年連続という方も20人近くいますので、学校を辞めてからも外でお会いできるのを楽しみにしています。

 

もちろん、現役で仕事をしているけど会社は任せているというようなお金に余裕のある方もいます。

 

しかし、シニアの方は「フィリピンに来るためにコツコツ年金を貯めている」とお話されていますね。

 

3ヶ月のフィリピン留学で最高の効果を出す方法

 

とりあえず、英語を楽しみたい、英語に慣れたいという方は気にしなくて良いです。

 

しかし、すでに英語を楽しむという段階を越えている人が3ヶ月の留学で最高の効果を出すためには、短期と長期で明確な目標を立てないといけません。

 

目標としてダメな例

●英会話ができるようになりたい

●字幕なしで映画が見れるようになりたい

●今よりも話せるようになりたい

 

残念ながらこれらのボヤッとした目標で留学する方の多くは何も手応えを感じずに終わる可能性が高いです。

 

しっかりとしたカウンセリングを行ってくれて、個別に授業の内容、授業の強度、先生のマッチングなどを行ってくれる学校であれば何とかしてくれるかも知れません。

 

しかし、そこまでやってくれる学校はほとんどありません。

 

ですので、しっかりと自分自身で計画と目標を立てることが3ヶ月の留学で最高の効果を出す方法です。

 

仕事でよく言われる「段取り八分」準備8割、仕上げ2割と同じです。

 

1.留学の目標を短期と長期で決める

2.スケジュールに目標を組み入れる

3.エージェントへの問合せ、ネットでの情報収集で目標を達成できる学校を探す

4.事前学習で中学英語は最低限身につけたり、自分の目標に必要なインプット学習をする

5.留学開始

簡単に言ってしまえばこのような流れで準備をすれば失敗する確率を大幅に減らすことができます。

 

Aさん
そもそも何をして良いのか分からないから目標なんて立てられないんだけど?

 

Macky
そういった方のためにエージェントは存在するのでどんどんご利用下さい。

 

学校を紹介するだけのエージェントと本当のアドバイスができるエージェントでは全然違いますので、私を含めて頂いてたくさん問合せしてみると良いですね。

 

本当に親身になってくれるエージェントでも、それぞれ留学や学習に対する考え方は違うので、自分にあったエージェントを探すのが一番です。

 

フィリピン留学の語学学校で5年間マネージャーを務めた私がサポートします!

inquiry