フィリピン留学の注意点

フィリピン留学で転校はできる?学校が合わないのが不安!

フィリピン留学で転校はできる?学校が合わないのが不安!

フィリピン留学ではそれぞれの理由で転校する方もいます。

学校が合わないから転校したい

先生が良くないから転校したい

ずっと同じ学校は飽きそうだから4週間+4週間で学校を変更したい

そこで、フィリピン留学で学校を転校した場合に何が起こるのか?何が必要なのかをまとめました。

フィリピン留学で転校するとキャンセル料が掛かる

当たり前の話ですが、フィリピン留学で転校した場合は残りの期間を考慮してキャンセル料金が掛かります。

それは、ほぼ理由問わず必要です。

例えば

・先生のレベルが低いし、授業内容が良くない

・学校のスタッフの態度が悪いし、困っても言いくるめて来るだけで助けてくれない

・留学前に聞いていた話と全然違う

これらのような理由だったとしても、多くの場合は「自己都合」ということで、普通にキャンセル料が必要です。

私が働いていた時も結構な数の生徒さんが他校から転校して来られましたが、自校の責任を認めて全額返金対応した学校はゼロです。

言い分としては「他の生徒さんからはそういった話は無いのでアナタだけです。」というパターンが多いですね。

最近は減りましたが「先生が授業をボイコットして受けられない」「施設も食事も酷すぎて無理」という悲惨な話を聞いたのは10人や20人ではありません。

もちろん、中にはフィリピン留学への期待値が高過ぎる、自身での内容確認が甘過ぎるという方も一定数いらしたことも事実です。

ちなみに、テストの点数保証をしている学校や成績が伸びなければ伸びるまで延長可能というようなことを行っている学校はありますが、学校の品質に対して返金保証をしている学校はありません。

「正当な理由があって当校が合わない場合は必要経費以外は全額返金します」

と言った対応をする学校が出ても良さそうなのですが、今の所無いですね。

一般的には、申告した日の翌週、または翌々週から4週間分は返金無しで、それ以降が返金という形が多いですね。

言ってみれば、長期間の留学でないと返金は最初から無いということです。

学校によっては、留学が始まった段階で収めた費用は一切戻ってこない学校もあります

フィリピン留学で学校を変更や転校する時に必要な手数料

フィリピン留学では、学校で勉強するためにSSP(特別就学許可証)という許可を取らなければいけません。

これは学校が代理で申請するので、生徒さんは何もする必要はありませんが、各学校毎に必要になるので転校すれば再度6000ペソ~7000ペソ(12,000円~13,000円)の費用が掛かります。

もちろん、新しい学校への支払いで、また入学金15,000円や海外送金手数料が掛かりますので、転校する場合はキャンセル費用とは別に、30,000円を含めた新しい学校の費用が必要になります。

半年のフィリピン留学予定が途中で転校して大損する

6ヶ月のフィリピン留学でモチベーションを保ったまま、最後まで頑張り抜けばかなりの英語力が付きます。

しかし、私はいつも最初の申し込みで3ヶ月以上はお勧めしていません。

6ヶ月の留学で入った学校が全然合わなくて、2週間、3週間でキャンセルして転校したという方も普通にいます。

こうなると、早めにキャンセルを申告しても5週間~6週間分の手数料が必要になり、さらに別の学校への費用が必要になりますので、軽く30万円~40万円は損することになりますね。

もちろん、そのような状態になる学校は紹介しませんので、私は経験がありませんが、万が一のためにも私は3ヶ月以上まとめての留学申込みはお勧めしません

3ヶ月以上の留学をお勧めしない理由はこちらをご参考にどうぞ。

コネクト代表
【投稿者】 岸上 誠(キシガミマコト)
2008年に32歳でまったくの英語力ゼロから6ヶ月間フィリピン留学。2012年2月から2018年2月まで2校の学校でマネージャーを務め、学校の新規立ち上げから既存の学校改革など学校運営の全てを経験し、2018年3月に個人の留学エージェントとして独立。